2007年3月15日 (木曜日)

臥龍梅。編(ヨメ)

東のS市にある「エスポアのざき」さんで購入。
このお店、時々利用するのですが、
こだわりのある品揃えでとても気に入ってます。
Photo_283
これは吟醸ですが、このシリーズの大吟醸は
かの全国日本酒品評会の金賞受賞酒だそうです。
でも、これでも充分美味しい!
華やかな吟醸香で幸せな春気分になります。
菜の花のおひたしと。
【ゆでた菜の花に、少量のごま油、薄口醤油、ゆず胡椒(練りからしでも)】
手前のは、マグカップに熱湯をはり、
その中にお酒を満たした、厚みの薄い備前のおちょこを沈めてます。
簡易の「お燗」です。

日本酒は何故か端麗・辛口がいい!という風潮がありますが、
私は真逆、芳醇な濃い〜お酒が大好きです。
甘口は敬遠され勝ちですが、バランスがいいからそう感じるだけだったり。
日本酒度を見ると意外にプラスだったりするんですよ。

いわゆる「のんべー」向きの酒ではないかもしれません。
が、とても美味しいお酒です。

|

2007年2月19日 (月曜日)

蔵開き。編(ヨメ)

お隣は阿波の国の「芳水」の蔵開きに行って来ました!
四国にもおいしい日本酒の蔵はたくさんあります。
もちろん「芳水」もおすすめです!

カメラを忘れていった為(--;)、あまり写真は撮れませんでしたが…。
(ケイタイで撮りました)
仕込みの写真を少しだけ。
Photo_250

Photo_251
もろみです。
ぶくぶくと、元気いっぱい。
この状態を少し試飲させていただきました!
お酒の一歩手前の状態ですから、
酸味がサワヤカで甘味もアルコールもまだ控えめな感じ。
私は充分イケます!

Photo_252
商品の試飲もいくつかさせてもらって、
買える範囲の気に入ったお酒を購入。
生もと(きもと)が力強い、お米の味を強く感じるお酒です。

Photo_253
お土産ももらってシアワセいっぱいで帰ってきました。
お土産の中身は酒粕とタオル。
酒粕は利用法色々ありますが、
やっぱり甘酒風に溶かして飲むのが大好きです。
ショウガを入れても暖まりますし、
意外かも知れませんがレモンの輪切りを浮かべても、
サワヤカで美味しいのです。


| | コメント (2)