2007年5月11日 (金曜日)

今年のGWは。編5(ヨメ)

久礼でお昼にかつお丼を食べ、午後からは砂浜美術館へ!
去年も参加した、Tシャツアート展です。

Photo_355
今年はこのブログトップのイラストをTシャツにしてみました♪
以外と発色も良く、いい出来でしたよ♪
…なんて言って、この〆切って3月半ばなんですが、
いつもギリギリに気付いて作り置きでお茶を濁す始末(^_^;)
来年こそは力作を…!!
Photo_356

Photo_357
あいにくの空模様。
でも、とりあえず雨に降られずすみました。

ちなみに、これは高知の鯉のぼりの一例。
1_28

2_37
カツオはよく見るのですが…。
これって?
上下2枚とも、上で泳いでるのはクジラ。
下で泳いでるのは何だろ〜???

|

2007年3月 8日 (木曜日)

栗林公園。編2(ヨメ)

寒の戻りで随分寒かったです。
久しぶりに、手袋つけてルンタルンタ歩いてきました。
若い人も多く見学してたのが意外でしたね。
うどんのついで?に見に来たのかな。

学生の頃、学校行事でよく栗林公園に来てました。
その頃は風景なんて二の次だったのになぁ。

Photo_276
こんな小道、いいなー。

Photo_277
日陰でぽつぽつと咲いてる椿。

Photo_278
流れの中の、苔がきれいでした。
苔に留まる椿が風流です。

Photo_279
栗林公園と言えば鯉。
この日もすんごい食欲を見せてました。
でも、ここまでスゴイと引く…(--;)

|

2007年3月 7日 (水曜日)

栗林公園。編1(ヨメ)

春先はなんだかんだと忙しく、、、
息抜きに、栗林公園を散歩してきました。
入園料、大人400円です。

今の時期は梅と木蓮です♪

楽しみにしてたのですが、
木蓮は少し早かったみたい…。
ご近所の木蓮は満開だったのに。残念!
開くにはもう少しかかりそうな蕾です。
Photo_273

逆に梅は最盛期を少し過ぎたようです。
お花はまだ沢山付いてはいましたが、もう結構傷んでました。
こういうのって、やっぱり7〜8分咲きが一番キレイよね〜。
とはいえ、良い香りはかわりませんから、とても癒されました!
桜もいいけど、梅もいいです!
何と言っても香り付き♪

Photo_274
一面の梅林。幻想的。い〜香りに包まれました。
2_23

3_2

5_5

6_5
こう、すーっとした感じが桜と違って甘くない。

9

10_3

12_1

Photo_275
最後に桃色の梅。

|

2007年2月 7日 (水曜日)

九州旅行。編10(ヨメ)

鹿児島を後にし、熊本まで戻ってお泊まり。
熊本で喫茶店を経営されてるダンナのお友達を訪ね、
コーヒーだけのつもりが美味しいデザートまでいただいちゃって!
美味しかった!でもカロリーもすごく…(--;)

ここまで、私たちにしては贅沢をしてきたので、
この日の宿はカプセルホテルです。
実は私、カプセルホテル初体験!
健康ランドのような浴場施設に併設されているし、
男性・女性ゾーンがきちんと分かれているので安心できます。
空調もバッチリだし、テレビもある。
言う事ありませんね!何と言っても安いし〜。
…と言いつつ、お隣の方か下の方のテレビの音がずっと響いてて
なかなか眠れなかったのでした…。
車に置いてきたiPod、持って来てればホントーに文句なしだったのですが。

さて最終日、大分に戻って「どうでしょう」の聖地竹田へ。
何が聖地かって、あれですよ!
姫だるまですよ!

Photo_224
お店を見つけたまでは良かったのですが、どー見ても閉まってる。
しばらく周りを不審者のごとくウロウロしてたら、後藤さんが声をかけてくださいまして。
お昼休み中だったのに作業場の案内までしていただきいました。
1_16

2_19
どうです!
これだけ並ぶと壮観でしょう!
それに、とてもいいお顔です。
やはり新年に飾る物らしく、この時期は大忙しとの事でした。
小さいのを買って帰ろうと目論んでたのですが、どうもそれすらなさそうで…(^_^;)
街のお土産屋さんでも軒並み売り切れ状態でしたよ。

Photo_225
どうでしょうグッズも飾ってあります。
ディレクター達のサインまであります。
Photo_226

後藤さんに教えてもらった、近所のダムにも行ってきました。
某焼酎のCMにも使われてる、風景絶佳なポイントです。
Photo_227
なんというか、神々しい…
天気も良かったし、たっぷりとマイナスイオンを浴びてきました。

これで九州旅行。編は終わりです。


| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月曜日)

九州旅行。編9(ヨメ)

豚しゃぶを食べに、いきなり鹿児島へ場所を移しました。
霧島市の「ロイヤルポーク黒豚の館」というお店が目当てです。
「どっちの旅ショー」(番組タイトルかなりあやしい…)にも出た事のあるお店だそうです。
豚しゃぶは普段から食べますが、たいてい食べる部位はロース。
でもこのお店はバラ肉もしゃぶしゃぶ用として出してくれるのです。
Photo_217
むつごい(しつこい)んじゃないかな、とか、
胃もたれするかも、とか思いながらも(最近すぐ胃もたれするのです)
かなりの量に見えたこの肉をペロリと完食!
油がさらりと溶けて、すごくおいしかった〜。
当然胃もたれもなかったです♪
ダンナは最後までトンカツに未練たっぷりでした(笑)。
今度来たらトンカツもいただきましょー。

時間切れで指宿には行けず、
その代わりに?天文館のむじゃきさんへ。
有名な「しろくま」のお店です。
「どうでしょう」ファンにはたまらない店でもあります。
Photo_218
「しろくま」、言ってみれば「かき氷」なんですが、
氷に当たる部分がはじめからミルクっぽい?
ヨーグルトっぽくもある?
練乳っぽいとも言える甘い味がベースに付いてます。
レギュラーサイズはべらぼうな大きさだったので、ミニサイズのを一つずついただいました。
私は普通のしろくま、ラブリーダンナはイチゴ味のしろくまです。
Photo_219

Photo_220

12月も後半でしたが、さすが鹿児島。
コートを羽織ってる人はほとんどいませんでした。
中には半袖の人も…(^_^;)
フリースに帽子、マフラーの私たちは完全に浮いてましたね。
すごいなぁ、鹿児島!

| | コメント (2)

2007年1月31日 (水曜日)

九州旅行。編8(ヨメ)

まだあります、九州旅行編。
もうしばらくおつきあい下さいませ。

場所は熊本、外せない「カドリー・ドミニオン」
動物たちと触れあえるスポットです(^.^)

Photo_203
いつもいるダチョウさん。
威嚇?(^_^;)

Photo_204
ダンナビビリ気味。ぷぷっ。

Photo_205

Photo_206
ロバさんと仲良し。
昔ロシナンテってロバいましたね〜。
そもそもはドンキホーテでしたっけ?

Photo_207
犬祭りです。
完全に暖房具扱い。
一度座ったらなかなか動けません。

ここにもネココーナーが!
しあわせ〜〜。
でも猫たちは世話係のお姉さんが大好きで、
私たちには見向きもしません。
お相手していただけるのはお昼寝中の子達のみ(T_T)
Photo_208
ネコと一緒にお昼寝中です。
思いの外長時間過ごしてしまいました(^_^;)

Photo_209
りりしいわね〜。
うちのタレネコとは同じクロでも大違い…。


| | コメント (0)

2007年1月15日 (月曜日)

九州旅行。編7(ヨメ)

2泊目の宿は「地獄温泉清風荘」
数年前にも訪れ、湯の良さに大感激した宿です。
ちなみに、梅が浸かっていたのもここの湯です(^.^)
Photo_183

1_10

2_13
この露天、ロケーションもですけど、湯もばっちり!
宿に着いた時点では風邪っぴきだった私、この湯に浸かってるうちに直っちゃいましたよ。
ただ、近頃は「どろ」が少ないようです…残念。
「どろパック」したかったのにな。
昔は湯船の底に温泉の泥がたまっていて、
それを顔や肩に付けるとツルツルになったんだとか!

家族風呂もありました。
なんと!洗い場が座敷です。
Photo_185

夕食。
今回は牡丹鍋と鹿、鴨の鉄板焼き。
他にも囲炉裏ですずめやうずら、山女魚なんかもいただけます。
うまいんだな〜これが。
Photo_184
ここでいただきます。

Photo_186
赤が濃いのが鹿肉です。
あっさりしてて美味しかった!

| | コメント (0)

2007年1月 5日 (金曜日)

九州旅行。編6(ヨメ)

大神ファームを後にし、今度は「甘味茶屋」へ。
以前一度行ったことがあって、すっかりお気に入りなのです。
うちの旦那様、すんごい甘党で、お団子やあんこが大好物(笑)。

Photo_169
和風の店内は平日だというのに混み合ってます。
圧倒的におばさま達が多いですね(^_^;)
デザート中心ですが、食事メニューもおいしそう…。
オーダーしたのは「団子汁セット」に「汁粉」。
Photo_170

Photo_171

Photo_172
セットの方には団子汁、かやくごはん、漬け物、やせうまがセットになってます。
「やせうま」とは、別府の名物らしいのですが、ひも状のだんご?に、
あべかわ餅のようにきな粉がかかっています。
で、このひも状のだんごに具だくさんのみそ汁をかけると「団子汁」となるようです。
ちなみに、しるこの、本来「餅」にあたる部分も、この「やせうま」なのでした。
おいしくいただきました〜。

Photo_173
熊本への移動中に突如現れたツゲのトピアリー集団!
鳥にクマに…なんだろうこれ。
トピアリー畑?

またまた移動中立ち寄ったお土産やさん、バラ園が併設されてました。
ここでもイングリッシュローズが!
思わず撮影なのです。
Photo_174

Photo_175
上がスキャボロフェア、下がグラミスキャッスル。
下のグラミスキャッスルは、私も購入済み♪
こんな風に咲いてくれるといいな〜。


| | コメント (0)

2007年1月 4日 (木曜日)

九州旅行。編5(ヨメ)

旅行2日目。
天気は雨とも曇りともつかない感じ…。

こちら方面に来たら、是非寄ってみたい場所がありました。
それは「大神ファーム」。
バラとハーブが有名なナーセリーです。

ココに限らず、九州はナーセリーや植物園が多いですね〜。
とても羨ましい…!
四国にもバラが有名な公園やバラ園、いくつかありますが、
そのほとんどが、いわゆる「ハイブリッドティー」と呼ばれる種類の、
ちょっと私の好みではないバラばかりが植えられてます。
「ハイブリッドティー」と言うのは、よく切り花で売られてますよね、ああいうバラですね。
ちょっと例えが古いですが、「ベルサイユのバラ」に描かれているようなバラ。
これはこれでキレイだとは思うのですが、育てたいとは思わないのです。
もちろん例外も沢山ありますが…。

是非とも私が見たいバラというのは、オールドローズやイングリッシュローズ。
少しクラシカルな形のバラです。
ネットやカタログ、本では散々見てるのに、本物はほとんど見たこと無かったんです!
実はすでに、ネットでバラ苗の注文はしていたのです。が、
やっぱり実物をみたいじゃないですか。どんな風に育成されてるのかもね。
今後の参考にもなるだろうし♪

しかし、季節は冬!
バラももう葉を落とし始めてるだろう、ましてや花なんて…と、大して期待せずに行ったのです。
ところが!暖冬の影響か、まだ花が少ない物の残ってる!
バラ以外にも宿根草や木々等、見所満載です!
その、ほんの一部をご紹介します。
Photo_159

2_11
スノーグース。
コデマリのように、しだれながら咲くかわいいバラ。
購入したいところですが、クライミングタイプなので、すごく大きくなるらしい。
む〜〜断念します!

Photo_160
ボウベルズ。
写真で見るとホント、シャクヤクみたい。
(実際はシャクヤクほどには大きくないです。直径8cmくらい?春の花はもっと大きいのかも)
葯がかわいい♪

Photo_161
池の前に立つと…
Photo_162
カモさん達が営業に出てきます。

Photo_163

Photo_164
冬枯れの景色が美しい…。
落ち葉を踏みしめながら、歩いていきます。

Photo_165

Photo_166
宿根草達。なんだかわかんないけど、キレイです。

Photo_167
早咲きの菜の花も。

Photo_168
サザンカの大木。
アーチのようになってます。

何時間いても飽きない感じです…が、後の予定もあるので、後ろ髪を引かれながら後にしました。
これで入場料200円(冬期)とは安い!
春は少し高くなるみたいですよ。その分見所も満載でしょうけど♪
ここもアフリカンサファリ同様、近くにあったら入り浸るんだけどな〜。

| | コメント (0)

2007年1月 3日 (水曜日)

九州旅行。編4(ヨメ)

お正月3日目ともなると、すっかりクチがご馳走に慣れちゃって、
逆にカレーとか焼きそばみたいなジャンクな物が欲しくなります。
とはいえ、冷蔵庫の中にはまだまだ重箱に入りきらなかったお節の余りがたっぷりあるのですが…(^_^;)

昨日は実家の親に正月挨拶。
両家でお刺身だの、カニだの鯛のしゃぶしゃぶだのをいただき、しっかりご満悦。
私の実家は父がひとりで暮らしているので、
おせちを小さい重箱にちょこちょこと詰めて持っていきましたが…はたして食べてくれるのでしょうか。
昔料理人だったこともあり、クチに入る物にはかなりキビシイ男、ヨメの父。
リタイアして少し丸くなったとは言え、食べ物への厳しさはあいかわらず…。
なかなか誉めて貰えませ〜ん(^_^;)
しかも、煮昆布と黒豆は市販品だしね(T_T)←それで誉めてもらおうなんてズーズーしい!

気を取り直して。
九州旅行の続きです。
1日目の宿はここ。
Photo_155

Photo_156
湯布院の「牧○の家」です。
湯布院は、宿料が高いですね〜。
多分、一番料金が低いランクの宿を選んだのですが…。それでも、私たちにしてみればいい料金です。
夜景は本館。ここで温泉に入ったり、食事をとったりします。
泊まるところは、バンガロー風に普通の和風民家がぽつぽつと並んでいて、
それぞれの家族で使用する仕組みです。
Photo_157
ここは少し高めの料金設定のバンガロー。
茅葺きの屋根です。風情がありますね。
Photo_158
湯布院の宿はどこもキレイに庭を作り込んでいます。
女性に人気なのもうなづけます!
雰囲気はバッチリですが…お湯は、ちょっと期待はずれだったかも。
ダンナは度々九州に遊びに来ては、いろんな場所のお湯に入って回るのが楽しみのようなんですが、
(湯布院も例外ではありません、走ってて薄汚れた看板があると曲がらずにはいられないらしい、、)
今回初めてお泊まりしてみて「やっぱりきれいな湯布院は合わん…!」という結論に達したそうです(^_^;)
ダンナによると、住人の共同浴場にはナカナカきついお湯もあるそうですが、初心者にはお勧めできないらしい、、、どんな湯なんだろ???

あ、でもダンナも玉乃湯さんのアンパンセットはお気に入りらしいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧