2007年5月 9日 (水曜日)

寝室テレビ。編(ヨメ)

少し前の話になりますが。
ちょっとしたお買い物しました。
テレビです。ちっさいヤツ(19インチ?)。でもちゃんと薄いよ。

新居に入居以来散財の毎日。
繰り上げ返済どころか、プラズマテレビすら買えるはずもなく…。
今のが壊れるまで、みっちりしっかり使うことになりそうです(T_T)。
まず、それまでにあるテレビは2台。
ひとつは居間に置いてあるでっかいブラウン管のテレビ。
そしてもうひとつは、和室に置いてある、以前寝室で使っていた小さいブラウン管のテレビ。
でも、もう一台テレビは絶対必要!と思ってたのですよ。

何故って。
ウチのダンナ様はテレビが大好き。
テレビ見るのが癒しなんだそうです。
特に、テレビの光や音を子守歌代わりに眠りに落ちるのは至福の時なんだそうで…。
そんなお疲れの彼に、早く寝室のテレビを用意してあげなければ!
でも予算は4万円ね♪

で、こうなりました。
安さで選んだby d:sign。コードがジャマです。
Photo_352
後ろから見るテレビってまぬけ。
Photo_353

ホントはねー。
こんな感じに薄型のカッチョイーテレビを壁掛けする予定だったのですがねー。
(見る時は頭と足の位置をひっくり返して見る)
Photo_354
なかなかうまくは行かないモンです…(T_T)。
そのうち、掛けてくれるんかなー、ねー、ダンナ?


|

2007年3月20日 (火曜日)

コーヒー。編(ヨメ)

毎朝、仕事をはじめる前に3杯分のコーヒーをキッチンでいれて
仕事場に持ち込んでます。

少し前までは、ボダムのフレンチプレスコーヒーメーカーでいれるのにはまってました。
でも最近、しっかり目の味にちょっと飽きちゃいまして。
ここしばらくは原点に戻り、ハンドドリップでいれてます。
いわゆるコーヒーメーカーは、ほとんど使ってません。
何故か、どの豆を使っても同じような味になるのが気に入らないのです。

Photo_289
円錐形のコーヒーフィルターを使ってます。
(この形用のドリッパーが必要)
これが良い!
いい感じに出てくれます。

Photo_290
蒸らし中。

Photo_291
ポットに直接落としてます。

同じようにいれてるつもりなのに、日によって味が微妙に違います。
バリスタにはなれません。


|

2007年3月14日 (水曜日)

スマイルマーク。編(ヨメ)

1_19
突如、床に現れたスマイルマーク

2_26
右上、トイレのドアノブとサムターン錠に反射した光らしい。


|

2007年3月 1日 (木曜日)

オイルヒーター。編(ヨメ)

Photo_269
デロンギです。
マンション時代から引き続き使用中。
電気代の安い深夜から朝にかけて入れておきます。
夜寝る前に濡れタオルを上に置いておくと、空気の乾燥防止にもなって、
朝起きた時にノドが楽なんです。
これひとつでは、いくら暖冬でも無理ですが、サブ的に使うには優れものですね。

コードには忘れずに、クロの牙対策が施してあります。
何でコード噛むの好きなんだろ…(^_^;)。
でも、この家に来てからは噛んでないんだよね〜。
不思議…。

| | コメント (0)

2007年2月28日 (水曜日)

寝室ドア。編(ヨメ)

Photo_268
ロールシャッハテストと呼ばれ、
我が家に来るお客様にはネタとして一通りお見せしてます。

あなたは何に見えますか?

| | コメント (2)

2007年2月27日 (火曜日)

ロールスクリーンの紐。編(ヨメ)

我が家の窓のほとんどはロールスクリーンです。
窓だけでなく、洗面への間仕切り、
ウォークインクロゼットへの間仕切りにもロールスクリーンを使ってます。
巻いて上部に収納してしまうと、
そこにはまるで「何もない」ような感覚になるかな〜と思って。
ホコリやクロの毛もコロコロで取りやすいしね。
基本的に、洗濯はしない方向で考えた上でのチョイス(^_^;)。
一応洗濯オッケーの表示はついてますが、メーカー的にも「オススメはしない」そうで。
タバコすわれたり、小さいお子さんがいるんなら止めた方がいい選択ですね。

今回は、意外と気にしないで選んだ「紐」について。
うちのロールスクリーンには2タイプあります。
一応付ける場所に合った物を選んだつもりですが、
使ってみて納得!って事、ほんと〜に多いですから、、、。

まず、スクリーンのセンターにプラスティックの留め具で付いた紐。
Rs
カタログで見た時は気にならなかったけど、うちの小さい窓に比するとえらくデカイ。
そしてチャチイ。
他にも選びしろ、なかったのかな〜とか、
この部品だけ、そのうち換える時が来るだろうから
その時はもっとイイモノがあるかな、とか思っております。
で、機能面。
ズバリ!微調整が効きにくいですね。
少し上に上げたい時なんか、一度下にひっぱって、上げて、
任意の位置でもう一度下に引っぱって、止める。
解りにくいですね〜。なにせ、ココ!って位置で止めにくいのです。
う〜ん、クレームばかりだな。

もうひとつのタイプ、
スクリーンの端っこにだら〜っと紐が輪になって付いてるタイプです。
こっちの方がよく見かける…かな。
Rs_1
先のタイプに比べると、思い通りの位置で止める事が出来ます。
でも、紐が向こう側とこっち側に2本あるんですね。
ま、輪になってるんで実際は1本なわけですが(^_^;)
これがクセモノ!
どっちをひくと上がるのか、下がるのか、とっさには解らなくなる。。。
上げるつもりでひくと下がっちゃって床にカツーン!とかしょっちゅうです。
要は慣れなんだと思いますが。あるいは脳みその性能(--;)

こういった紐もカーテンのタッセル並みに、いろんなデザイン選べればいいのにな〜。
今日はそんなロールスクリーンのお話しでした☆

| | コメント (0)

2007年2月26日 (月曜日)

駐車場に…。編(ヨメ)

やられました。
大きな大きな犬の?ウ○チ。

今までにも、インナーガレージのシャッター前(道路部分)にデン!とかはありましたけど、
敷地内は初めて。
小の方は植木にかけない限り、まだガマンしてもいい。
でも、ウ○チはいかんだろ!

発見した時はまだかなり生っぽい状態で、
触ると崩れそうな為翌日まで放置。
翌朝、程良く乾いたのを見計らってゴミ袋へ。
多少乾いても強烈に匂いますから、当然ゴミ袋は屋内に持ち込まず、
駐車場の片隅に燃えるゴミの日まで置いておきます。

我が家の駐車場はジャリを敷き詰めてる為、
ウ○チの周りのジャリも確実に汚染されてます…
が、ジャリは燃えるゴミに出せないので
自然にまかせて雨が洗ってくれると思っておきます。
(数粒はブツにくっついてたのでそのままゴミに出しますが(^_^;))

気付けば、ご近所のみなさん地上30cm位のところに、自治体からもらったらしい
「犬のフン禁止」のプレートをたくさん貼ってます。
それだけ被害が多いって事でしょうね。

Photo_267
これが「犬のフン禁止」のプレート。
お隣の奥さんが分けてくれました。
効果の程はわかりませんが、何もしないよりはマシかなぁ。
さて、何処に貼ろう…。
うちはオープン外構…といえば聞こえがいいけど、
要は外構してないので貼るところが無いんだよねぇ。

このご時世、野良猫はいても野良犬は考えにくいし、
となればやっぱり散歩中の飼い主のマナーが悪いとしか。

我が家は住宅街にありますから、ふつうに犬の散歩コースになってます。
容疑者(犬)は数多くいますが、中には明らかにフン袋?を持っていない人も。
どうなんですかね、そういう人は自分ちの敷地内、あるいは家の前に
よその犬がデカイ落とし物していっても
「犬はこういうもの」とかって、おおらかな気持ちで許せるんでしょうか。
是非試してみたいもんです。

| | コメント (2)

2007年2月23日 (金曜日)

お参りの後。編(ヨメ)

玄関に鎮座されております。
Photo_260
となりのダチョウは知人の人形作家の方が新築のお祝いにと作ってくれた物。
むちゃくちゃファニーで気に入ってます。
2階のライトコートにはペンギンもいます。
そのうちに…。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木曜日)

反射光の効果。編(ヨメ)

北向きの我が家(シツコイ)ですが、
リビングも充分明るい!
南面の窓からの光があまり無くても、ライトコートからたっぷり光が♪
といっても、ライトコートはリビングの北側ですから当然直射日光ではなく、
南側からライトコートへ差し込んだ光が、
白い壁に反射してリビングを照らしてくれるのです。
Photo_245


夕方は洗面上のフィックス窓からの光がキレイ♪
手も届かない高いところにあって、きっと汚れ放題になるとは思われますが
ココはすりガラスなので、汚れても放置できます。
目に入らなきゃ〜い〜んです。
あ、右端の部分だけは開くのですが、未だ開けたコト無し(笑)。
逆に夏は開けっ放しになるんだろうなー。
Photo_246

Photo_247
この裏が洗面の収納棚なのですが、
収納棚の上部分が空いてるので、
夕方の光が全室に広がります。

| | コメント (2)

2007年1月30日 (火曜日)

お風呂の話。編(ダンナ版)

わしも言いたい
浴槽の配置は確かに気に入らん。
湯船が左手側にくるので、浴槽のお湯を洗面器ですくう時
利き手でないから手がプルプルするぞ。

それと、やっぱり欲しかった
「即湯システム」
蛇口をひねったらすぐお湯が出るっていうのはええわ。
冬場、お湯が出てくるまで辛いもの。

Sokuto
↑メーカーHPによると配管10mで通常50秒かかるのが、6秒で出てくるらしい。
オプション価格4~5万円で設置可能。
なんでコレ付けなかったんだろうと思ってました、、、、、が

<この記事を書いていて、もう一回調べてみたら驚きの事実!>
つまり、このシステムは給湯器から蛇口までのあいだにタンクを置いて
給湯器のお湯が届くまでの間のお湯を繋げるという考え方。
ちょっと待てよ?
お湯ためるタンクって、、、給湯器とは別のタンクだよな、、、

<もうちょっと調べてみた>
キタネェなあ、、、
そんなのカタログには書いてなかったぞ。(書いてたのか?小さく)
え~、説明します。
・「即湯システム」とは、給湯器のお湯が蛇口から出てくるまでのタイムラグを
 埋めるために、浴室内に設置したお湯タンクからお湯を供給するシステムの事。
・つまり、設置に5万円払っておしまいではなく、ランニングコストがかかるという事。
(廉価版のウォシュレットみたいなもんですね←お湯を溜めておく)

<踏み込んで調べてみた>
・カタログ上、4人家族で980リットルの節水効果見込める。
・お湯がすぐ出て気持ちいい!
ココまでは、きっちりカタログに載っています。
しかし、即湯システムのランニングコストがドコにも無いぞ!!

どうやら600~700円/月の即湯システム電気代がかかるらしいのだが
これは無視できる金額ではないと思う。節水効果だけ宣伝して
ランニングコストに触れないのは卑怯だと思う。

ショールームでこちらから聞かない限り公開するつもり無しと見た。
良かった、こんなシステムつけなくて、、、、

Aホームさんは知ってたのかなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧