« 2007年4月 | トップページ

2007年5月23日 (水曜日)

おしまい。編

一年前の今日、家づくりの記録を残したくてブログを始めたのでした。
まさに自己満足だけのために始めたモノが、
多少は人様の役にも立ったようで嬉しい限りです。

後半、家が竣工してからは家づくりブログというよりも、
ガーデニングブログのように変わってしまいましたけど(^_^;)
庭も家の一部と言うことで!(笑)

とは言え、趣旨が変わったのは否めないところなので、
ここでひとまず、このブログはおしまい。
ひょっとすると、一年点検の頃に少しだけ復活するかもしれません。

設計のFセンセイ、Yさん、Aホームのみなさん、
このブログを始めて出会えた沢山の人達に感謝を込めて。

ありがとうございました! ダンナ、ヨメ、クロ
Photo_385

P.S.
新しいブログ始めました。
「できるかな?クロの庭!」
ヨメのガーデニングブログです。
ご興味のある方は見てやってください〜。

|

2007年5月22日 (火曜日)

違う花。編(ヨメ)

以前、黄モッコウバラを植えた筈なのに咲いたら白だった…と言う記事を載せました。
で、一応その苗を買ったナーセリーさんに連絡すると、
速攻お詫び分と共に正真正銘の黄モッコウバラを送ってくれたのでした。

そして。玄関のクレマチスも…(^_^;)。
「白万重」のつもりで植えたクレマチス。
花が開いたら…こんなでした!
Photo_381

Photo_382
調べてみると「ビエネッタ」という品種とかなり似てます。
しかも、流通数が少ないのか、高級品種!
これはこれで美しい上、花付きもすこぶる良いので満足してたものの、
これもナーセリーさんに一応ご報告。
すると、やっぱり、送ってくれました(^_^;)
なんか、悪いな〜…でも嬉しい♪

正解はこんな花。
Photo_383


で。これだけで終わらなかったのです。
北庭に植木鉢で育てている「アルバ・セミプレナ」のつもりのバラ。
さわやかな半八重の白バラの筈です。
蕾の状態はうっすらピンク。
これは、白バラには良くあることで、開いたら白くなってるんだろーと思ってたのに。
Photo_384
こんな花咲きました。
かわいいんですけどね。
ピンクです。。。。どーみても違う品種(T_T)。
ココには白バラがいいんだけどな〜。
「アルバ・セミプレナ」は日陰にも強く、花付きも良く、ヒップまで楽しめ、
しかも私の大好きな画家、ボッティーちゃんの「ビーナスの誕生」にも
描かれていると言われているバラ。
(風の神さんがフーってしてる、周りに散ってる花)

このバラ買ったのも黄モッコウと同じ所。
他にポールズ・ヒマラヤン・ムスクも、グリーン・アイスも、
マダム・ピエール・オジェも同時に買ったんだけど、
どのバラもすごく元気で。
安心して買えるナーセリーさんなのです。
…冬、まるで枯れ枝?みたいな状態で発送するのですから、
間違いの一つや二つ起こるのはしょうがないと思いますが…。
5株中正解が3株って、正解率低くない??(T_T)
ダンナ曰く「あんた、クジ運悪いから」って!(号泣)

|

2007年5月21日 (月曜日)

満開。編(ヨメ)

我が家のメインのバラ、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクが満開です。
朝、窓を開けるとムスクのい〜香り!
なのでここのところ、私にしては早起きなんです(^.^)
Photo_377

1_30

2_39
もう、少しずつ散ってきてるので、この一週間がピークなんだろうな…。
わかっちゃいるけど寂しいなぁ。

他にも。
グリーン・アイスがいい感じです。
数本の枝のみ支柱に誘引し、他は垂れるに任せてます。
それがまた自然な雰囲気で気に入ってるんです。
Photo_378

Photo_379
この花ホント花持ちよくて(^.^)
汚くもならず、退色…というよりもグリーンが乗ってなお瑞々しい感じ。
いい加減なところでカットしないとね。
香りは、さわやかな、何か??の香り。
無香、と書かれてもしょうがないのだろうな、という香りですけど(^_^;)
ミニバラに興味なかったけど、これはすごくオススメのバラです。
ハンギングにしても楽しめそう♪

マダム・ピエール・オジェ。
Photo_380

2_40
中輪のカワイイ、バラです。
今のところ、わりと浅いカップ咲き。
うちではオベリスクに誘引してます…が、自然に咲かせてもいいかも…。
筆で掃いたようなピンクの感じが気に入ってます。
香りはライチです!

|

2007年5月18日 (金曜日)

強風。編(ヨメ)

昨日の強風、すごかったですね。
我が家でも色んな物が飛ばされたり飛ばされてきてたり。

パーゴラの上に乗せてあるポールズ・ヒマラヤン・ムスク。
そろそろ花盛り♪なんですが、
なにせ、ただ乗せてただけの上、花が咲いて風への抵抗が大きくなったからか
ばっさりと落ちてきました(T_T)。
枝が折れなくてホント良かった…。
ま、おかげで上の方の花が拝めた訳だけど(^.^)
Photo_373

Photo_374
この花、カタログには微香、とか無香、とか書かれてますけど、
けっこう香りますよ?朝晩より昼の方が香りが強い気がする??

風で倒れた物その2。
ジャーマンカモミールです〜。
Photo_375
そもそもそういう物なのか、バラのそばに植えたため栄養ぶんどっちゃったのか、
うちのカモミールは高さ1メートル近くあります。
こんな事ならローマン種にすれば良かったと何度思ったことか!
支柱もせずにその高さ、イカンわなぁ。
倒れるままにさせてますが、倒れてても元気です(^_^;)

昨日ではありませんが、
しばらく前の強風の日に、鉢植えのジューンベリーが横へ向きました。
2メートルのジューンベリー、いくら日陰で生育悪くても
(花も咲いてない、もちろん実も付いてない!)、
10号鉢ではさすがに小さかったと見える。
反省して南面へ植え込み。支柱も立てました。
隣家との隙間スペースなので日陰は日陰ですが、上の方なら日が当たるかな、と。
んで、この幹にクレマでも誘引しちゃろう、と目論んだりして。
Photo_376


|

2007年5月17日 (木曜日)

ロケットが。編(ヨメ)

食べ頃です。
ってか、もう食べないと!
花が咲いたら終わりだもんね。
Photo_371

Photo_372


|

2007年5月16日 (水曜日)

花の名前。編(ヨメ)

4月にダンナの実家へ帰った時、親戚の家の前を通ったのです。
その親戚の家には、そりゃー見事にツルバラが咲き誇っていたのでした。
Photo_368

Photo_369
写真はほんの一部なんですよ!
カーポートの下、環境がいいとは言えない場所ですごい花付きです。
(屋根があるから花持ちはよいでしょうが…。)
一見してナニワバラ?と思った物の、
私の知っているナニワバラより少〜し小振り。

バラ好きとしては気になるところですから、
さっそくお義母さんに聞いてみましたよ。
もちろん知ってるはずありませんけど、今度その親戚に会ったら聞いてくれるとのこと。

で、母の日にまた帰ったので聞いてみると。
「あのバラの名前は『ツルバラ』じゃ。」
「・・・・」ガク〜〜〜!
つ、ツルバラって…範囲広すぎだよ!

でも、考えてみれば育ててる花の名前、ちゃんと言えるものは少ないです。
バラだから、特別な花だから知ってるだろう、なんてのは傲慢ですよね。
バラだからバラ、チューリップはチューリップ、菊は菊。
それ以上でもそれ以下でもないんですね。
おおらかな気持ちで育ててるから、あんなにのびのび咲いてるんだろうな。

そして。義母が差し出してくれた物…。
Photo_370
ものすごく大ざっぱな挿し木ですが(庭土に挿してるよ!)、ナニワバラなら付く気がする。
広い庭があれば心から喜べたんでしょうが…微妙。
正直に「もう植えるところないよ〜」と言ったらば、
(正しくは、空いてるトコにはもう植えたい物がある、です(^_^;))
小さく仕立てて育てなさい、と。
ナニワバラ(多分)を小さく、ですか…頑張ります…。

田舎では、花を誉めると苗がもらえるみたいです。
そう言えば、義母の植木はもらい物だらけだ〜。納得!

|

2007年5月15日 (火曜日)

母の日。編(ヨメ)

日曜日は母の日でしたね。
クロ家でも、ダンナのお母さんに母の日してきました!

お義母さんも植物が好きな人なので、今年はお花に決定!
モノはラベンダーとナスタチウムの2鉢です。
Photo_364
ナスタチウムは種から育て、ビニルポットで管理してたものを
ちゃんとした鉢に植え替え。
日陰で管理してたからかなり徒長してたので、
ヘロヘロをごまかすべく、まるでツル性植物のように支柱を立てたりして。
今からガンガン大きくなるはず!もう蕾も付いてるし♪

ラベンダーの苗は市内のナーセリーで購入。
そして我が家にはラブリーすぎて使ってなかった鉢に植え込み。
このラベンダー、葉っぱの感じからしてイングリッシュ系だと思うんだけど、
す〜ごいイイ香り!今まで育てたどのラベンダーよりラベンダーらしい?香りです。
ただ、イングリッシュ系って香りは抜群なんだけど暖地に弱いから、夏場の蒸れが心配ではあるけど…。
多少姿が悪くなっても、余程の事がない限り枯れはしないだろ。と。

んで。この花がカワイイの!
Photo_365
初めて見る、このタイプの花のラベンダー〜〜。
なんて品種名なんだろ。
ちっっこい紫の濃淡が、全部の蕾から開いてます。
自分用にも欲しかったんだけど我慢したのよ〜。

しかし〜全体的に〜〜。。。安く上げすぎ?(^_^;)


ダンナ実家への行きがけに寄った荘内半島。
マーガレットが見事でした。
Photo_366
ダンナは「除虫菊じゃ!」言うてましたけど、今はマーガレットなんだそう。
私なんか、荘内半島が除虫菊の名所だったことすら知らなかったし、
除虫菊って蚊取り線香の元なんだって事も知らなかったよ。
どっちにしてもキレイだからいいのです〜〜。
Photo_367


|

2007年5月14日 (月曜日)

今朝のベランダ。編(ヨメ)

14
イングリッシュローズ達がピークを迎えようとしています。
ベランダ中い〜香りで満たされてますよ♪
ここで深呼吸すると、悪い物がどんどん外へ出ていくようで気分いいのです。

1_29
香りと言えば!このジュード・ジ・オブスキュア!!
2_38

Photo_358
コロンコロンのカップ咲きもかわいいのですが、
香りが何とも言えず、、、。
柑橘系の香りには違いないのですが、わざとらしいくらいの強香。
何に例えれば…あ、そうそう、オレンジのガムの香りに似てるんだ!!
そう言っちゃうと情緒も何もありませんが(^_^;)ちょっと驚く香りなんです。

Photo_359
クロも香りを満喫してます。
嗅いでるのはアンブリッジ・ローズ。
これもかなりの強香です。

Photo_360
お気に入りのコンテ・ドゥ・シャンポール。
香りは程々ですが、はかなげな姿がなんとも…。
半八重だけど意外に花持ちはいいのです。
花持ちの良さって大切ですよね。
グラミスキャッスルなんて、次々に花を咲かすくせに
あっけなくバサーっと散っちゃうから、満開感は常になし(T_T)。

Photo_361

Photo_362
楽しみにしてたポールズ・ヒマラヤン・ムスクも少しずつ咲いてきました。
さすが、日当たりの良い上の方から咲いてきてます。
ピークはいつ頃になるかなー。

Photo_363
朝のウチしか日の当たらないサッシ沿いにはクレマチスたち。
本来日向に置くべき植物だけど、当地では日向じゃ暑すぎる気がして…。
単に他に置き場がないだけなんですけどねー。
でも、この場所はちょうどいいようです。
花も去年より一回りずつ大きい気がする♪
ま、一番花だからねー。


|

2007年5月11日 (金曜日)

今年のGWは。編5(ヨメ)

久礼でお昼にかつお丼を食べ、午後からは砂浜美術館へ!
去年も参加した、Tシャツアート展です。

Photo_355
今年はこのブログトップのイラストをTシャツにしてみました♪
以外と発色も良く、いい出来でしたよ♪
…なんて言って、この〆切って3月半ばなんですが、
いつもギリギリに気付いて作り置きでお茶を濁す始末(^_^;)
来年こそは力作を…!!
Photo_356

Photo_357
あいにくの空模様。
でも、とりあえず雨に降られずすみました。

ちなみに、これは高知の鯉のぼりの一例。
1_28

2_37
カツオはよく見るのですが…。
これって?
上下2枚とも、上で泳いでるのはクジラ。
下で泳いでるのは何だろ〜???

|

2007年5月10日 (木曜日)

今年のGWは。編3(ヨメ)

後半は高知に日帰り旅行です。

最初に訪れたのは、
高知は香美郡香我美町にあるイングリッシュガーデンハウス
みかん畑に囲まれた高台にあります。
以前訪れた時は、まだ冬の名残の残る時期でしたので、
今度は春に行ってみたいと思ってたのでした。

この日は午後から雨の予報だったので、空色がもう一つですが…、
ガーデンの一部をご紹介します。

Eg
大輪系のクレマチス。
かっこいいですね〜。ほしいですね〜(笑)。

Eg_1
レンガに誘引されてるクレマチス。
ロマンチックです〜。

Eg_2
ラベンダーが印象的!

Eg_3

Eg_4
各所に植えられてるバイカウツギ。
さわやかな、何とも言えない香りがします。
このタイプの花にめっぽう弱い私は、
帰るなりネットで注文してしまったのでした(^_^;)。

Eg_5
ビバーナムも花盛り。
う〜〜これも欲しい〜〜。

Eg_6

Eg_7
夢のような花畑。
昔、「花の子ルンルン」というアニメを
一生懸命見てたの思い出しました。
まさにそんな風景です。

Eg_8

Eg_9
オープンカフェでいただいた、清美タンゴールのフレッシュジュース!
美味しいのです!!ちょっと甘めですね。

Eg_10
数少ない咲いてたバラ、シャリファ・アスマ。
やさしい雰囲気のバラです。
トゲも思ったより少ないみたい。

バラには少し時期が早かったようです。残念!
今頃がちょうど見頃かもしれませんね。
少し甘めな感じがとても素敵なガーデンハウスです。
大人ロマンティックって言うんでしょうかね〜。
みなさんも機会があれば行ってみてくださいな!

|

2007年5月 9日 (水曜日)

寝室テレビ。編(ヨメ)

少し前の話になりますが。
ちょっとしたお買い物しました。
テレビです。ちっさいヤツ(19インチ?)。でもちゃんと薄いよ。

新居に入居以来散財の毎日。
繰り上げ返済どころか、プラズマテレビすら買えるはずもなく…。
今のが壊れるまで、みっちりしっかり使うことになりそうです(T_T)。
まず、それまでにあるテレビは2台。
ひとつは居間に置いてあるでっかいブラウン管のテレビ。
そしてもうひとつは、和室に置いてある、以前寝室で使っていた小さいブラウン管のテレビ。
でも、もう一台テレビは絶対必要!と思ってたのですよ。

何故って。
ウチのダンナ様はテレビが大好き。
テレビ見るのが癒しなんだそうです。
特に、テレビの光や音を子守歌代わりに眠りに落ちるのは至福の時なんだそうで…。
そんなお疲れの彼に、早く寝室のテレビを用意してあげなければ!
でも予算は4万円ね♪

で、こうなりました。
安さで選んだby d:sign。コードがジャマです。
Photo_352
後ろから見るテレビってまぬけ。
Photo_353

ホントはねー。
こんな感じに薄型のカッチョイーテレビを壁掛けする予定だったのですがねー。
(見る時は頭と足の位置をひっくり返して見る)
Photo_354
なかなかうまくは行かないモンです…(T_T)。
そのうち、掛けてくれるんかなー、ねー、ダンナ?


|

2007年5月 8日 (火曜日)

今年のGWは。編2(ヨメ)

前半のお遊び、二つ目は「北庭の石組み」。

庭というか、隙間な花壇なのです。
そのままでは土も流れるし、見た目にもよろしくないだろーと。
以前から計画だけはしていて、材料も準備済み。
あとは作業できるかたまった時間さえとれればイイだけの状態でした。

まず、ビフォーはこちら
2月20日の記事をご覧ください。

溝を掘って、石を組んでいきます。
これがレンガなら、ジャリを敷いたり水平取ったりと面倒なんでしょうが、
相手は石ですから、ま、いーや、とあっさり端折りました。
この石組みは結構楽しかった♪

次の行程は、ダンナを助手に従えてのセメント塗りです。
やってみると、セメント塗りってムツカシイです。
練るのも力が必要だし、(助手のお仕事)
練り上げた固さによって塗りにくかったり、塗りやすかったり。
しかも終始中腰なので、腰が痛いのなんの。

本来は石をしばらく水につけて、
セメントとの密着率をアップさせた方が良かったのでしょうが、
記憶力に不安がある私は組んだ石を一度でも外したが最後、
もう元には戻せない自信があったので、
からからの石を相手に、いきなりセメントを塗り始めました(^_^;)
で、石に付いた余分なセメントはスポンジでダンナが拭いていく、と。
ヘンなトコ細かいAB型の彼はとても丁寧な仕事をしてくれたのでした。
失敗ゾーンもソコソコあるけど、まー、形になったから良しとしよう。
出来上がりはこんな感じ。
Photo_349

Photo_350
引いてみるとアラが目立たなくていいかも。

余った石で、ブロックを土台に花台も作ってみました♪
見頃のコンテナを乗せて楽しもうと思ってます。
Photo_351

|

2007年5月 7日 (月曜日)

今年のGWは。編1(ヨメ)

忙しかったですよ〜。
仕事もですが、プライベートもかな〜り充実してて忙しかったのです。

私の場合、こういうパターンでは必ずプライベートを優先させるため(笑)、
最終日は泣きを見ましたね〜久々に。
8月31日の子供気分でしたよ。宿題まだ出来てない!って。

ま、ともかく。
充実のGW。
前半のお遊びは「いちご狩り」。

いちご狩り、といっても商売でされてるトコに行くのでなく、
妹のお義母さん(セミプロ)が作った苺畑に刈りに行くのです♪
「ハウスでなく露地物だから美味しいんだよ!」
「完熟で摘み取るから、甘さが違う!」
「これを食べるともう、スーパーの苺では満足できなくなるよ!」
等々、期待を煽る、煽る!

いやいや、参りました!
甘いし、なんてーの、苺がもうピッカピカ☆
これ以上光れないだろうって位輝いておりました。
形こそいびつだけど、色なんて真っ赤っかだし〜。
触れるだけで潰れそうなので、細心の注意を払って摘み取ります。
妹が用意してくれた箱の底には、苺が潰れないようにクッションまで入ってます。

こんな感じ♪
Photo_345
モデルは妹と妹のダンナさん。
何故か巻き髪でいちご狩りなんて、セレブ〜(笑)

Photo_346
食べきれないほどの苺。
残ったのはジャムにしましたよ。
酸味の濃い苺だったから、ジャムも美味しい〜〜♪


Photo_347
我が家の苺はこんな風。

数粒食べ頃を迎えたので、ダンナと一緒にいただきました。
これも甘くて美味しかったです!
Photo_348


|

2007年5月 2日 (水曜日)

開花ラッシュ。編(ヨメ)

世間ではゴールデンウィークなんだそうで…。
連休となると、普段より忙しいのはいつもの事なんだけど。
(その分、平日に開店休業的な一日になることも…(T_T))
もうすっかり諦めてはいるモノの、
休みの日に仕事してると何だか随分損をしている気分になる。
天気が良かったら、特にねー。

鬱屈した気持ちを庭やベランダの植物で癒してもらうもんだから、
しょっちゅう出たり入ったり。
何と行っても、今はバラが気になります!

先日のグラミスに続き、イングリッシュローズが続々開花!

アンブリッジの最初の花。
嬉しい!!でもちょっと花型が…思った形じゃないような…。

282

281

Photo_343

栄養過多なのか、ちょっとHTくさいくらいのゴージャスさ。
花びらって反り返るとえらく派手に感じるモノねぇ。
色もかなりアンバーなアプリコット。

でも、二番目に咲いた花からは、
カタログ通りのディープカップ咲きからロゼット咲き。
301

302

う〜ん、かわいい♪
香りも強くて、鼻を近づけなくても解るほど。
ミルラの香り、と言うことだけど…
そういえば、グラミスもミルラ香に分類されるんだよね。
でも、同じ香りとは思えない。
どっちかといえば、グラミスの香りの方が好き。
アンブリッジに比べれば弱い香りだけど、
ちょっと、ハチミツっぽい香りが混じってる気がするんです。

コンテ・ド・シャンパーニュも開花中♪
この花型、大好きです。
半八重のオープンカップ咲き。
朝夕は閉じて、昼になるとひらくんですよ。
蕾は山吹色、と言ってもいいくらいの濃い〜黄色ですが、
開くとやさしい黄色に。
Photo_344

28

28_1

28_2

少し経つと退色してシャンパンカラーになっていきます。

30

で、最終的には白くなる、と。
沢山咲き揃うと、各花のグラデーションも見所だなーきっと。

|

« 2007年4月 | トップページ