« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水曜日)

寝室ドア。編(ヨメ)

Photo_268
ロールシャッハテストと呼ばれ、
我が家に来るお客様にはネタとして一通りお見せしてます。

あなたは何に見えますか?

| | コメント (2)

2007年2月27日 (火曜日)

ロールスクリーンの紐。編(ヨメ)

我が家の窓のほとんどはロールスクリーンです。
窓だけでなく、洗面への間仕切り、
ウォークインクロゼットへの間仕切りにもロールスクリーンを使ってます。
巻いて上部に収納してしまうと、
そこにはまるで「何もない」ような感覚になるかな〜と思って。
ホコリやクロの毛もコロコロで取りやすいしね。
基本的に、洗濯はしない方向で考えた上でのチョイス(^_^;)。
一応洗濯オッケーの表示はついてますが、メーカー的にも「オススメはしない」そうで。
タバコすわれたり、小さいお子さんがいるんなら止めた方がいい選択ですね。

今回は、意外と気にしないで選んだ「紐」について。
うちのロールスクリーンには2タイプあります。
一応付ける場所に合った物を選んだつもりですが、
使ってみて納得!って事、ほんと〜に多いですから、、、。

まず、スクリーンのセンターにプラスティックの留め具で付いた紐。
Rs
カタログで見た時は気にならなかったけど、うちの小さい窓に比するとえらくデカイ。
そしてチャチイ。
他にも選びしろ、なかったのかな〜とか、
この部品だけ、そのうち換える時が来るだろうから
その時はもっとイイモノがあるかな、とか思っております。
で、機能面。
ズバリ!微調整が効きにくいですね。
少し上に上げたい時なんか、一度下にひっぱって、上げて、
任意の位置でもう一度下に引っぱって、止める。
解りにくいですね〜。なにせ、ココ!って位置で止めにくいのです。
う〜ん、クレームばかりだな。

もうひとつのタイプ、
スクリーンの端っこにだら〜っと紐が輪になって付いてるタイプです。
こっちの方がよく見かける…かな。
Rs_1
先のタイプに比べると、思い通りの位置で止める事が出来ます。
でも、紐が向こう側とこっち側に2本あるんですね。
ま、輪になってるんで実際は1本なわけですが(^_^;)
これがクセモノ!
どっちをひくと上がるのか、下がるのか、とっさには解らなくなる。。。
上げるつもりでひくと下がっちゃって床にカツーン!とかしょっちゅうです。
要は慣れなんだと思いますが。あるいは脳みその性能(--;)

こういった紐もカーテンのタッセル並みに、いろんなデザイン選べればいいのにな〜。
今日はそんなロールスクリーンのお話しでした☆

| | コメント (0)

2007年2月26日 (月曜日)

駐車場に…。編(ヨメ)

やられました。
大きな大きな犬の?ウ○チ。

今までにも、インナーガレージのシャッター前(道路部分)にデン!とかはありましたけど、
敷地内は初めて。
小の方は植木にかけない限り、まだガマンしてもいい。
でも、ウ○チはいかんだろ!

発見した時はまだかなり生っぽい状態で、
触ると崩れそうな為翌日まで放置。
翌朝、程良く乾いたのを見計らってゴミ袋へ。
多少乾いても強烈に匂いますから、当然ゴミ袋は屋内に持ち込まず、
駐車場の片隅に燃えるゴミの日まで置いておきます。

我が家の駐車場はジャリを敷き詰めてる為、
ウ○チの周りのジャリも確実に汚染されてます…
が、ジャリは燃えるゴミに出せないので
自然にまかせて雨が洗ってくれると思っておきます。
(数粒はブツにくっついてたのでそのままゴミに出しますが(^_^;))

気付けば、ご近所のみなさん地上30cm位のところに、自治体からもらったらしい
「犬のフン禁止」のプレートをたくさん貼ってます。
それだけ被害が多いって事でしょうね。

Photo_267
これが「犬のフン禁止」のプレート。
お隣の奥さんが分けてくれました。
効果の程はわかりませんが、何もしないよりはマシかなぁ。
さて、何処に貼ろう…。
うちはオープン外構…といえば聞こえがいいけど、
要は外構してないので貼るところが無いんだよねぇ。

このご時世、野良猫はいても野良犬は考えにくいし、
となればやっぱり散歩中の飼い主のマナーが悪いとしか。

我が家は住宅街にありますから、ふつうに犬の散歩コースになってます。
容疑者(犬)は数多くいますが、中には明らかにフン袋?を持っていない人も。
どうなんですかね、そういう人は自分ちの敷地内、あるいは家の前に
よその犬がデカイ落とし物していっても
「犬はこういうもの」とかって、おおらかな気持ちで許せるんでしょうか。
是非試してみたいもんです。

| | コメント (2)

2007年2月25日 (日曜日)

クロの気持ち。編(ヨメ)

先日のブログにも書いたように、後輩が子供と遊びに来てくれました。
まだしゃべれない子供の呪文のような訴えを、
それは見事に理解している後輩を見てスゴイな〜と感心しました。

で。私たちはクロの気持ちをどの程度わかっているのかな〜と思いまして。
なんせ相手はネコですから、基本的には食べる事・寝る事・排泄する事・快・不快くらいのもんです。
鳴き方によって違いがあると物の本には書いてたりもしてますが、
そりゃ、ネコによって鳴き方が大きく違いますからアテになるワケありません。
(と言いつつ、ニャウリンガル持ってます)

一緒に暮らしてるので、遊びたい時や甘えたい時の鳴き方と、
何かを訴えたい時の鳴き方が違うくらいは多少分かります。
が、知りたいのは訴えたい内容。
基本的に「ニャー」で、せっぱ詰まってきたら「ニャオーン」になるワケですが、
必死さは伝わっても内容は伝わってこない。
そう言う時、クロも困ってるんだろうけど私たちもワカンナイから困ります。

ゴハン皿が空だったらお腹がすいたのかな、とか。
ゴハン入れたばっかりなのにまだ鳴くのはゴハンが気に入らないのかな、とか。
トイレが汚れてたら掃除しろ、なのかも。
ベランダの窓の前で鳴くなら外へ出して、です。

そういった外因性の物ならばいくらか推察できるのですが、
本当に困るのは体の調子が悪い場合。
たぶん、その場合は鳴きもせず、じ〜っとしてるのがネコなんでしょうが…。

言葉を持たない分、人が汲み取ってやらなきゃなぁと思いつつ、
クロの健康を過信してもいたりして。
は〜、そろそろ病院で健康診断やら予防接種やら受けなきゃだな〜。
1_17
午後は和室から外を見張ってます。
となりの塀くらいしか見えないだろうに。

2_21
逆光で見るネコの毛が好き♪

| | コメント (0)

2007年2月24日 (土曜日)

今日のガーデニング

今日、時間が空いたのでガーデニングにいそしむ。

アプローチ・・・ま、通路ですよね。
そんな部分に植えてるがため。
毎日目にはする物の意外と気付かなかった部分を少しクローズアップ。

今時期定番になりつつあるクリスマスローズ。
年末に開花株を植えてから、ず〜っと花を咲かせ続けてます。
種が出来ないよう、(種が出来ると株が弱るので)早めに花を摘んではいるのですが…。
Photo_264
本来は白い花。
それが退色?して、こんな風なアプリコットに。
この時期を過ぎるとグリーンに変化します。
でも、これでもう最後の花かな。
ちっさい蕾はもう1コ見えるけど、ホントちっさいから。

シャラの木に絡ませてる、クレマチス、モンタナ・ジャイアント。
こ、これって、蕾???だよね?
Photo_265
嬉しいんだけど…暖冬にしたって早すぎない?
なにせ初めて育てるから基準が分からないけど、
教科書では5〜6月に開花って書いてあるよ?
この他にも沢山の蕾がついてるぅ〜〜〜
うれしいぃぃ!!!
無事開花しますよーに!
思いの外、大きな蕾です。

これは西側の庭に置いてある椿。
「紺侘び介」
Photo_266
写真の赤より、もっと深〜い赤です。
いっぱい蕾ついてますが、コレでも半分くらいに減らしたんです…。
この位の大きさの苗だと、一枝に1〜2個の蕾でないと株が消耗する…と言われてます。
が、貧乏性なので…(T_T)
ともかく、待ちに待った1個目の開花です。
これから次から次へ開花するんだろうなぁ。
楽しみ♪

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金曜日)

お参りの後。編(ヨメ)

玄関に鎮座されております。
Photo_260
となりのダチョウは知人の人形作家の方が新築のお祝いにと作ってくれた物。
むちゃくちゃファニーで気に入ってます。
2階のライトコートにはペンギンもいます。
そのうちに…。

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木曜日)

お参り。編(ダンナ)

新居のお札をいただきにいつもの神社に行きました
我が家の氏神さまは「お松大権現」という猫神さま
飼い主の恨みを晴らした三毛猫がまつられています。

Ichiran
去年はダンナが厄年だったのでお祓いもしていただき、
おかげで無事に過ごせました、今年も後厄のお祓いに行きます。
境内にはたくさんの招き猫がまつられていて
願いごとの有る者は境内から招き猫をいただいて帰り
願いが成就したおりにはひと回り大きい招き猫を添えて奉納する慣わしになっています。
我が家にもここでいただいたマンション時代からの招き猫がいらっしゃるのですが
今回は新居を護っていただく招き猫を預かってきました。
何かあったら大変。後部座席で新居までお連れします。

Belt
境内は猫づくし
和風の家ならこんな瓦にしたかった。

Yane

Dai

Dai2

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水曜日)

冬のベランダ。編3(ヨメ)

今日は日陰部分をご紹介します。
地味ですよ。
日向スペースのような花ナゾ全くありません。

椿やアジサイ数本をのぞいて
基本的にココに置いておくのは春までで、
暖かくなったら地植えするつもりの苗がほとんどです。

Photo_257
手前に斑入りツワブキ。
真ん中に斑入りアジサイのレモンウェーブ。
先月やっと葉を落としたばかりなのに(一部残ってますが)
もう新芽が出てます!
後ろには言わずもがな、万能ネギです。
スーパーで買ったネギの根っこを捨てずに植えておくと
次から次へ伸びてくれるので大変重宝してます。

Photo_258

斑入り山アジサイ七段花
枯れ木ではありません…よ〜く見ると、芽が(^O^)!!

Photo_259
苔色々
山でとってきました。
そのうち何かに利用しようと企み中♪

なんか…斑入りだらけ。
改めて趣味が偏ってるのを確認しました(--;)

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火曜日)

北面の花壇。編(ヨメ)

Photo_254
家の北面のココ。
どうしようかずっと悩んでいたのですよ。
とりあえず、植木鉢を少し並べてはいるものの…
鉢をむやみに増やしたところでいまひとつ格好良くならないだろうし、
グランドレベルを道路より少し上げているので、
少量ですが土が道路に流れてしまいます。
やっぱり土止めの意味でも花壇、というか植えますを作らなきゃダメだろうなぁ、と。
外注する予算はないので、ガーデニングDIYの本を見ながら
あーでもない、こーでもないと考えておりました。

レンガを使えば手っ取り早いのかも知れません。
値段も安価なやつ、結構ありますし。
ネットでも丁寧に作り方を紹介されてるサイト多いですし。
でも、どー考えてもウチの外観とレンガって合わないんですよね〜(--;)

じゃあ石を使った自然風な花壇はどうだろうかと。
というのも、以前、知人がいらなくなった石があるから、
使うんならあげるよ、と言ってくれてたのを思い出したからです。
カッコいい石はホームセンターにありますが、
どーにも予算と合いそうもない位高いので〜。。。

Photo_255
とりあえずもらってきたのがこの石。
運ぶの大変でした。
土止め程度の高さがあればいいので、石を2段に積むくらいだから
おそらく足りるとは思うのですが…。
この石をコンクリートでくっつけていくわけですが、
普通のグレーのセメントだと多分和風になっちゃうので、
白いセメントで、がちゃっとした感じにできればな〜と。
試しに買ってきたセメントはコレ。
Photo_256
うまく行くかどうかはわかりません…。
天気が良く、仕事で埋まってない週末を選んで着工しようと思ってます。

| | コメント (2)

2007年2月19日 (月曜日)

蔵開き。編(ヨメ)

お隣は阿波の国の「芳水」の蔵開きに行って来ました!
四国にもおいしい日本酒の蔵はたくさんあります。
もちろん「芳水」もおすすめです!

カメラを忘れていった為(--;)、あまり写真は撮れませんでしたが…。
(ケイタイで撮りました)
仕込みの写真を少しだけ。
Photo_250

Photo_251
もろみです。
ぶくぶくと、元気いっぱい。
この状態を少し試飲させていただきました!
お酒の一歩手前の状態ですから、
酸味がサワヤカで甘味もアルコールもまだ控えめな感じ。
私は充分イケます!

Photo_252
商品の試飲もいくつかさせてもらって、
買える範囲の気に入ったお酒を購入。
生もと(きもと)が力強い、お米の味を強く感じるお酒です。

Photo_253
お土産ももらってシアワセいっぱいで帰ってきました。
お土産の中身は酒粕とタオル。
酒粕は利用法色々ありますが、
やっぱり甘酒風に溶かして飲むのが大好きです。
ショウガを入れても暖まりますし、
意外かも知れませんがレモンの輪切りを浮かべても、
サワヤカで美味しいのです。


| | コメント (2)

2007年2月18日 (日曜日)

とうとう来たか。編(ダンナ)

我が家北側の空き地に地縄が張られ
本日地鎮祭が行われました。

警戒担当のクロは色めき立ち
見張り台から離れません。
なんでも噂では、有力者か権力者につながりがあるらしく
この一角の道がいつまでも舗装されないのは
この土地の着工を待っているからだと言われていました。
(舗装しちゃうと、下水や排水の工事の時に余分な工費かかっちゃうから)
ホントかどうはわかんないんだけどね。
今日挨拶に来られましたけれど、まさか

「どんなコネ持ってるんですか?」

と聞くわけにもいかず、無難なご挨拶しか出来ませんでした。
でも、我が家着工時のいきさつもあり、(※1)
わだかまりは残ります。無事に工事進めてください。

気になるのが工務店人間が乗ってたクルマ
○ンダの○M-X。。あまりいい印象を持てるクルマではありません。
ダンナは思い込みが激しいので第一印象でつまづくと
リカバリーが大変ですよ~


※1:我が家着工時、工事のクルマを駐車させてほしいと依頼したら
OKの返事くれたのに、翌日クレームがきて、杭を打たれ、ロープを
張られた件。(当ブログ7/28記事参照)

| | コメント (4)

2007年2月17日 (土曜日)

怪獣。編(ヨメ)

昨日は後輩二人が子供を連れて遊びに来ました。
後輩Aのお子さんは男の子だけどとても可愛くておとなしい(^.^)
後輩Bのお子さんは女の子だけどやんちゃ者。か〜わいいです♪

来る前に、後輩Bが「うちのは怪獣だから」と言ってたのですが、
女の子だし、まー、大丈夫でしょーと思ってました。
ところが!これが、ナカナカのツワモノで…(^_^;)
世の中のお母さん達、ご苦労様です!

しかし、あれですね。
小さい子供というのは部屋の汚し方が大人とはまるきり違いますね。
ある意味、かわいさも含めて犬猫系。(世の親たちに怒られる発言かも(^_^;))
いくらダンナが「散らかす人」でも子供にはかなわない、って痛感いたしましたよ。
掃除下手でも、我が家が人を通せる状態でいられるのは子供がいないからだと思い知った一日でした。

この日、クロはすごく頑張ってくれました。
ちょっとだけ「ウ〜」って唸りが出たけど、爪も牙も出さずに耐えてくれてました。
(普段は知らない人が触ろうとするだけでフーッでシャーッです)
エライゾ〜!ご褒美にカツオブシだ!!

Photo_249
ヒヤシンスがい〜香りです。

| | コメント (2)

2007年2月16日 (金曜日)

ぽかぽか。編(ヨメ)

Photo_248

2_20
ぽかぽかでぬくぬくでしあわせ。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木曜日)

反射光の効果。編(ヨメ)

北向きの我が家(シツコイ)ですが、
リビングも充分明るい!
南面の窓からの光があまり無くても、ライトコートからたっぷり光が♪
といっても、ライトコートはリビングの北側ですから当然直射日光ではなく、
南側からライトコートへ差し込んだ光が、
白い壁に反射してリビングを照らしてくれるのです。
Photo_245


夕方は洗面上のフィックス窓からの光がキレイ♪
手も届かない高いところにあって、きっと汚れ放題になるとは思われますが
ココはすりガラスなので、汚れても放置できます。
目に入らなきゃ〜い〜んです。
あ、右端の部分だけは開くのですが、未だ開けたコト無し(笑)。
逆に夏は開けっ放しになるんだろうなー。
Photo_246

Photo_247
この裏が洗面の収納棚なのですが、
収納棚の上部分が空いてるので、
夕方の光が全室に広がります。

| | コメント (2)

2007年2月14日 (水曜日)

春一番。編(ヨメ)

家の西側の庭、というか通路に
これまたホームセンターで買った椿の特売苗を置いてます。
「桃太郎」と「紺侘び介」の二鉢。
紺侘びスケの方はまだ蕾が固そうだけど、
桃太郎の方は2日前でこの状態。
Photo_243
もうすぐ咲きそうね〜と思ってたらば。
いきなり今日すっかり開ききってました!
Photo_244
春一番が吹きすさぶ中、ブレブレ状態ですがなんとか撮影。
思った通りの端正な姿!
花びらがハート形で、
濃いめの桃色から底に向かって白くグラーデーションがかかってます。
何度も見に行ってしまいました(+^.^+)
この強風の中、どのくらい持ってくれるのかな。

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火曜日)

冬のベランダ。編2(ヨメ)

季節により位置の入れ替えはあると思うけど今はこんな感じ。
日向ゾーンの植物、一部を紹介。

レースラベンダー
Photo_236
イングリッシュ系のラベンダーはマンション時代から育ててるのだけど、
夏場に蒸れてかわいそうな姿になるので…。
この、暖地にも強いレースラベンダーに逃避。
でも香りはイングリッシュ系に遠く及ばず…(T_T)

ユーカリ
Photo_237
ほんのり紅葉してます。

アネモネ
Photo_238
密植承知でひとつのコンテナに球根一袋植えたらこんな事に。
わさわさと茂った葉っぱは何かの野菜みたいです。

ビオラ
Photo_239
人生初です。
好きでないはずのパンジー・ビオラ系。
買った後何を血迷ったかと後悔したけど、
(冬のホームセンターはパンジー・ビオラだらけ。毒されたと思われる)
見慣れるとこれはこれで可愛らしい。
なにせ良く咲いてくれる。

チューリップ&黒竜
Photo_240
芽が出てます。
かぁ〜わい〜。
他にもチューリップとムスカリだらけのコンテナがあるのですが、
この小さい植木鉢、1個だけ植えた球根に黒竜が結構合っていい感じ。
咲いたらどんなかな。楽しみ♪
チューリップは確か、グリーンなんとか…??いや、なんとかグリーン…。。。
クリーム色の花びらの真ん中に炎のような形でグリーンが入るタイプです。

椿(西王母)
Photo_241
本来日陰ゾーンに置いてある植木。
蕾が開きだしたので好待遇に。

椿(卜伴?)
Photo_242
植木屋さんにてたたき売り状態になってたのを購入。
ラベルには「椿」としか。
卜伴でないかと…でも自信なし。
本来日陰ゾーンに以下同文。

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月曜日)

冬のベランダ。編1(ヨメ)

思いがけず大きなベランダが出来、
(ダンナがどーしてもインナーカーポートが欲しいとダダこねた副産物)、
舞い上がって色んな植物を購入するうちに、
スペースは有限なんだと改めて気付きつつある今日この頃…。
洗濯物も干さなきゃだしね〜。

たいていベランダというと、胸のアタリまで壁とか手すり?で
外の空間と区切られてると思うのですが、
我が家のベランダはこんな風。
10_2
南面をルーバーで区切って視線を遮り、東面はど、ど〜んと天井までの壁。
日照条件悪いのにさらに自ら悪くしてるという(笑)。
でも、こうする事によって東面の「顔」が「壁」しかない家になるので譲れなかったのです。
F先生提案のこのデザイン、すごく気に入ってます。

日照条件悪いベランダで花を楽しむ為に、
窓のラインに沿ってパーゴラをしつらえてもらいました。
これによってつるバラをからませたり、ハンギングを楽しんだりできるっちゅーワケです。

日向ゾーン
エアコンの室外機が邪魔なんよね…。
こっち側のパーゴラにはコンスタンス・スプライを誘引してます。
夏場、エアコン室外機からの熱風が心配なので、
それまでに対策しなくちゃ。
Photo_234

日陰ゾーン
マンション時代テレビ台にしていた木を利用して花台に。
こっち側のパーゴラにはポールズ・ヒマラヤン・ムスクを誘引してます。
もっと大きくなったら南面のアプローチに垂れさせたいという野望が♪
Photo_235

楽しい嬉しいベランダですが、
FRPのこの床、意外と汚れやすいんですよ。
余裕が出来れば床にウッドパネルか何か敷きたいなぁ。


| | コメント (2)

2007年2月11日 (日曜日)

水栽培のヒヤシンス。編(ヨメ)

Photo_233
どうやらピンクらしい。
まだ匂わない。

| | コメント (2)

2007年2月10日 (土曜日)

日当たり。編(ヨメ)

我が家は北東の角地です。
Photo_231
南面には隣家がすぐそばまで迫っています。
西面はすこし開けてますが、我が家の土地自体は
家の壁から広いところで1m程度。
境界を入れて塀なりフェンスなりをそのうち建てなきゃいけません。

日照で言えば、午前中は直射日光があるものの、
午後からはあまりのぞめませんね。
だから日中だからと言って部屋が太陽で暖まる、って事は無いのです。
夏場は太陽が高くなるから少し違ってくるでしょうが…。
ってか、逆に夏場は涼しく暮らしやすい家である、と信じたい(^_^;)
本当にいい家は「夏場暮らしやすい家」だとも言いますし。

せめて2階の南面に大きな窓を作っていたら
冬の暖かさが違っていたかもしれません。
よく家づくりのブログで
「冬でも日中は窓から日が射すから部屋の温度はノーエアコンで20度!」
とか読むとウラヤマシ〜って感じです。

でも、今の小さいと言うよりは狭い窓でも、結構隣家の視線が気になります。
直接窓が重なる部分は無いのですが、
斜めから見ると意外に丸見えになったりするのですよね〜。
結果ロールスクリーンはほとんど閉めっぱなしになってます。
Photo_232
意外に窓も汚れるし、ココはすりガラスにした方がよかったかも…な部分です。
ライトコートがあるおかげで、「明るさ」は充分なのですが
「明るい」からといって「暖かい」訳ではなく…
北向きで冬でも明るく暖かい、かつプライバシーも守れる家ってムツカシイのでしょうね。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金曜日)

九州の買い物。編(ヨメ)

去年の九州旅行で、「大神ファーム」に行きまして。
そんなトコ行って、なにも買わずに済む訳ないですよね。

悩んで悩んで、1鉢だけ買って帰る事にしました。
たいていの物はネットで買えるから、ネットではぜ〜ったい買えない物を物色…。
長尺のバラ苗!です。
ネットでも長尺の苗を買う事は出来ますが、やはりある程度の剪定は施すと思うんです。
でも!自分で持って帰るなら無剪定に近い状態でそのまま車に詰め込めます。
もちろんちゃんと梱包はしてもらうのですが。

この状態で車にのせて帰ってきました。
Photo_228

新聞取るとこの状態。
Photo_229

縛ってた紐を外しました〜。
Photo_230
でも、ちゃんと植え替えて誘引するまで約1ヶ月放置されてたのでした(^_^;)
これらの画像は2006年の暮れの物です〜。

買ったバラは「コンスタンス・スプライ」と言うイングリッシュローズです。
とても香りの良い、濃いピンク色のぼた餅系の形をした花です。
1季咲きなのは残念ですが、東向きのベランダにはちょうどいいのかも。
四季咲きはやはり、かなり日照が必要な気がします。

本を見てず〜っと憧れていたのですよ〜。
今から春が待ち遠しいです。
ってか、ちゃんと咲いてくれ〜。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木曜日)

鍋事情。編(ヨメ)

ガスからIHクッキングヒーターに変わり、
掃除のしやすさや調理時間の短縮など、いいことづくめに見えた…けれど。
IH最大のウィークポイントはやっぱり!
鍋!鍋!!鍋!!!
土鍋が使えない〜〜!

我が家じゃ冬になると毎週のように鍋料理が登場します。
下ごしらえがこの上なく楽ちんな上、野菜も沢山とれてヘルシーだし酒にも合う!
1度目は鍋で楽しみ、2度目は残ったダシでうどんや雑炊をいただいたり、
他の料理にしてもダシを二次利用して色んな物が美味しく出来る!と、
まさに一石二鳥。働く主婦の友!

これまでは、コンロの上で出来上がりまで作って卓上に運び、
カセットコンロの上で鍋をいただく…という流れでした。
でも、この家に越してからは、
お店で食べるみたいに、ダシを張った鍋を最初から卓上のコンロの上で沸かし、
具材を入れ…という手順。
あっという間にカセットボンベ使い切ります。

カセットボンベって〜、
使い切ったら穴開けて捨てるでしょ。
あの穴から、ガス臭い(ガスなんだけど)ニオイが洩れてくるのが
すご〜〜くイヤ。
しかもマル1日以上匂ってるし。

IH用の土鍋も売られてはいますが、
なんていうか、も〜。
購買意欲そそられないデザインばかり…。
今使ってる土鍋は私が独身時代にジャ○コで買った、
一番ありふれてる「三島」の土鍋ですから、大差はないんですが、
今使ってるのが「それ」だけに、今度買うならちょっとイイモノを…と、
数年前から意気込んで探してたのですよ。
ところが、買ったところで今の状況では前述の通りの使い方しかできない。

いっそ割り切って、電気調理器?っていうのかな?
すき焼き鍋みたいなのにコンセントが付いてるやつ。
あーゆうのに変えてしまうか。
でも味気ないな〜。

他のみなさんどうしてるんでしょう?
身近なところで妹に聞いてみると、
「鍋なんてしない」そうで…(^_^;)問題外ですな。
  *
  *
  *
余談…去年流行った豆乳鍋。
美味しそうだし私も作りたいんだけど〜。
「白い料理」が苦手なダンナが断固拒否姿勢です。
(クリームシチューとか、グラタン、白和え等々)
うどんは好きなくせに〜!

| | コメント (4)

2007年2月 7日 (水曜日)

九州旅行。編10(ヨメ)

鹿児島を後にし、熊本まで戻ってお泊まり。
熊本で喫茶店を経営されてるダンナのお友達を訪ね、
コーヒーだけのつもりが美味しいデザートまでいただいちゃって!
美味しかった!でもカロリーもすごく…(--;)

ここまで、私たちにしては贅沢をしてきたので、
この日の宿はカプセルホテルです。
実は私、カプセルホテル初体験!
健康ランドのような浴場施設に併設されているし、
男性・女性ゾーンがきちんと分かれているので安心できます。
空調もバッチリだし、テレビもある。
言う事ありませんね!何と言っても安いし〜。
…と言いつつ、お隣の方か下の方のテレビの音がずっと響いてて
なかなか眠れなかったのでした…。
車に置いてきたiPod、持って来てればホントーに文句なしだったのですが。

さて最終日、大分に戻って「どうでしょう」の聖地竹田へ。
何が聖地かって、あれですよ!
姫だるまですよ!

Photo_224
お店を見つけたまでは良かったのですが、どー見ても閉まってる。
しばらく周りを不審者のごとくウロウロしてたら、後藤さんが声をかけてくださいまして。
お昼休み中だったのに作業場の案内までしていただきいました。
1_16

2_19
どうです!
これだけ並ぶと壮観でしょう!
それに、とてもいいお顔です。
やはり新年に飾る物らしく、この時期は大忙しとの事でした。
小さいのを買って帰ろうと目論んでたのですが、どうもそれすらなさそうで…(^_^;)
街のお土産屋さんでも軒並み売り切れ状態でしたよ。

Photo_225
どうでしょうグッズも飾ってあります。
ディレクター達のサインまであります。
Photo_226

後藤さんに教えてもらった、近所のダムにも行ってきました。
某焼酎のCMにも使われてる、風景絶佳なポイントです。
Photo_227
なんというか、神々しい…
天気も良かったし、たっぷりとマイナスイオンを浴びてきました。

これで九州旅行。編は終わりです。


| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火曜日)

舗装。編(ヨメ)

我が家の北側の道路、舗装されてなかったのですが、
やっと!舗装されるようです。

この道路が土のままだと、
車のタイヤについた泥でコンクリートが汚れるし、
側溝に溜まる土埃の量も半端でないので早く舗装して欲しかったのです!!

そうそう、この側溝掃除…当然マンション時代には無かった作業です。
意外と面倒なんですよね。
角地なので掃除する長さも2辺分ありますし。
毎日まではしなくていいでしょうが、
忙しさにかまけて1週間近くほっておくとえらい事になってます。
周りのお宅はみなさんキレーに掃除されてるっていうのに…(--;)

今のところ、基本的には2日に一度か3日に一度くらい掃除してます。
当然、夜には出来ませんから(見えないので)明るいウチにするんですが、
しようと思うとお隣からお水が流れてたりして出来ず、なかなかタイミングがつかめません。
これって、フルタイムでお勤めに出てる奥さん達は早起きしてしてるんでしょうねぇ。
大変だ〜。
Photo_221
こっちはすでに舗装されてる道路側の側溝なのですが…
昼前に掃除したんだけど、夕方にはこれだけ溜まってます。

Photo_222
お昼の様子。
ローラー車がきてます。

Photo_223
夕方の様子。
すっかり出来上がってます。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月曜日)

九州旅行。編9(ヨメ)

豚しゃぶを食べに、いきなり鹿児島へ場所を移しました。
霧島市の「ロイヤルポーク黒豚の館」というお店が目当てです。
「どっちの旅ショー」(番組タイトルかなりあやしい…)にも出た事のあるお店だそうです。
豚しゃぶは普段から食べますが、たいてい食べる部位はロース。
でもこのお店はバラ肉もしゃぶしゃぶ用として出してくれるのです。
Photo_217
むつごい(しつこい)んじゃないかな、とか、
胃もたれするかも、とか思いながらも(最近すぐ胃もたれするのです)
かなりの量に見えたこの肉をペロリと完食!
油がさらりと溶けて、すごくおいしかった〜。
当然胃もたれもなかったです♪
ダンナは最後までトンカツに未練たっぷりでした(笑)。
今度来たらトンカツもいただきましょー。

時間切れで指宿には行けず、
その代わりに?天文館のむじゃきさんへ。
有名な「しろくま」のお店です。
「どうでしょう」ファンにはたまらない店でもあります。
Photo_218
「しろくま」、言ってみれば「かき氷」なんですが、
氷に当たる部分がはじめからミルクっぽい?
ヨーグルトっぽくもある?
練乳っぽいとも言える甘い味がベースに付いてます。
レギュラーサイズはべらぼうな大きさだったので、ミニサイズのを一つずついただいました。
私は普通のしろくま、ラブリーダンナはイチゴ味のしろくまです。
Photo_219

Photo_220

12月も後半でしたが、さすが鹿児島。
コートを羽織ってる人はほとんどいませんでした。
中には半袖の人も…(^_^;)
フリースに帽子、マフラーの私たちは完全に浮いてましたね。
すごいなぁ、鹿児島!

| | コメント (2)

2007年2月 4日 (日曜日)

クロの首輪。編(ヨメ)

5年ぶりに新調。
しかも着替えつき!(笑)

通販で買ったので、ひとつだけだと送料がもったいないような気がして…
つい、3つもご注文!
「ネコの首輪工房」さんで購入しました。
他にもカワイイのが沢山です。

Photo_213
現在装着しているのはコレ。
サイケデリックな花柄です。

Photo_214
待機中のがこのふたつ。
和柄、ちりめんのがお気に入り。
鈴は自分でつけました。

Photo_215
万が一の為、裏面にはネームと連絡先が入ってます。
100円で入れてくれるのです♪

Photo_216
ちなみにコレがずっと使ってた首輪。
革製で気に入ってるのですが、端っこの方はボンドも剥がれてもうヘロヘロです。
鼻を近づけるとクロのニオイがして落ち着くんです。

| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土曜日)

ひぃぃぃぃぃ~。編(ダンナ)

絹を切り裂くダンナの悲鳴。
うそだろ、、、カビだ、、、
24時間換気システムって浴室乾燥とは
全然違うのは理解していたけど
少しは効果を期待してたのに、、、

Hiki Uo
現場の天井です。        ダブルクリックしてしまうと拡大するのでスルーしてね。

前居のマンションはクロトイレの関係も有り
換気扇は回しっぱなし。そのおかげか浴室にカビが
発生したことはありませんでした。
まさかわずか3ヶ月でカビ発生とは、、、

早急に対策をねらないとなあ。
やっぱ浴室乾燥システムを活用すべきか?
せっかくの浴室窓は開放しておくべきか??
    

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金曜日)

冬の花。編(ヨメ)

冬なのに、アブチロンが咲いてます。
四季咲きの品種も中にはある、との事ですが、これは違うと思うんだけど…。
珍しい斑入りの葉っぱに惹かれて購入した物の、
すぐに葉焼けするから、アブチロンなのに(日向の花です)春夏はずっと日陰の身だったのです。
だからなかなか蕾がつかなかったのかな〜。
で、季節外れに咲き出したのか?

蕾を見つけたのが引っ越してからしばらく経って。
11月にはたぶん蕾出来てたんだと思う。
それから、ほとんどの蕾は開花まで行かず落ちちゃったのだけど、
ひとつだけ頑張って咲いてます。
ホントは咲かせちゃいけないんじゃないだろーか、それが自然って物じゃ…。
と思いつつ、せっかく出来てる蕾を取るって言うのも自然とは言い難い。
室内に入れてる時点ですでに自然ではないのだけどね。
しかし咲けば素直に嬉しいし!
現在、もう一個も開花しそう♪

Photo_211

Photo_212
けっこうかわいいオレンジ色の花です。
ロフトへ続く階段に置いてるのですが(ココが一番日当たりがよい)、
当然、ロフトへ行こうとすると結構邪魔。
私がロフトに上がる事は滅多にないのですが、ダンナが邪魔がってます。
暖かくなるまで、も少しガマンして〜。


| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木曜日)

だんご汁。編(ヨメ)

何度かの九州旅行でたくさんの美味しい物いただきました♪
なかでも特別美味!っていうのじゃないのですが、ホッとする味、とでもいうのでしょうか…。
大分に行くと必ず食べるのが「だんご汁」。
味的には、まさに豚汁にだんごを入れた、そのまんま(笑)。
ただそのだんごが紐状なのですよ〜。
なんとなくそれだけで食感が違う物です。

「九州の田舎の小さい家」のママさんがだんご汁の作り方紹介されてたので、
早速作ってみました〜。
1月28日の記事です。
レシピを見ると、簡易うどん?って感じです。
下ゆですんのかな?と思えばそうでなく、豚汁に生のだんごをどんどんと投入。
まるで打ち込みうどんのように。

出来上がりはこんな感じ。
Photo_210
ベースになる「豚汁」は昨日から作っていた2日目の物なので、具がかなり崩れてます…(^_^;)
でも、味は2日目だけに乗ってましたよ!
美味しくいただきました〜。

ちなみにこの日のメニューは、だんご汁、鶏肉をつかった治部煮風、
残り野菜と鶏肉(長いも、ブロッコリーの茎)のつまみ揚げ、
菜の花のお浸し(和辛子入り)、ご飯は黒米入り。
見事に酒の肴オンパレードでございます。
…ちゅーか、うちのおかずは「酒に合うもの」が大前提だから(笑)。
飲むのはヨメ一人ですが。

| | コメント (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »