« 水栽培のヒヤシンス。編(ヨメ) | トップページ | 冬のベランダ。編2(ヨメ) »

2007年2月12日 (月曜日)

冬のベランダ。編1(ヨメ)

思いがけず大きなベランダが出来、
(ダンナがどーしてもインナーカーポートが欲しいとダダこねた副産物)、
舞い上がって色んな植物を購入するうちに、
スペースは有限なんだと改めて気付きつつある今日この頃…。
洗濯物も干さなきゃだしね〜。

たいていベランダというと、胸のアタリまで壁とか手すり?で
外の空間と区切られてると思うのですが、
我が家のベランダはこんな風。
10_2
南面をルーバーで区切って視線を遮り、東面はど、ど〜んと天井までの壁。
日照条件悪いのにさらに自ら悪くしてるという(笑)。
でも、こうする事によって東面の「顔」が「壁」しかない家になるので譲れなかったのです。
F先生提案のこのデザイン、すごく気に入ってます。

日照条件悪いベランダで花を楽しむ為に、
窓のラインに沿ってパーゴラをしつらえてもらいました。
これによってつるバラをからませたり、ハンギングを楽しんだりできるっちゅーワケです。

日向ゾーン
エアコンの室外機が邪魔なんよね…。
こっち側のパーゴラにはコンスタンス・スプライを誘引してます。
夏場、エアコン室外機からの熱風が心配なので、
それまでに対策しなくちゃ。
Photo_234

日陰ゾーン
マンション時代テレビ台にしていた木を利用して花台に。
こっち側のパーゴラにはポールズ・ヒマラヤン・ムスクを誘引してます。
もっと大きくなったら南面のアプローチに垂れさせたいという野望が♪
Photo_235

楽しい嬉しいベランダですが、
FRPのこの床、意外と汚れやすいんですよ。
余裕が出来れば床にウッドパネルか何か敷きたいなぁ。


|

« 水栽培のヒヤシンス。編(ヨメ) | トップページ | 冬のベランダ。編2(ヨメ) »

コメント

同じ黒い同居家族(うちはラブのメスで28kg)がいるものとして、クロの写真やブログ拝見しています。
近所の視線は気になるもので(南に庭越しに3階建て住宅兼アパートの玄関あり)私は目隠しをしたいのですが、主人はあまり気にしません。家にいる時間が短いからかも。
目が合うとお互い気まずいですよね。穴はまだ新築の家に(引越しから1ヶ月)開ける勇気がなく、なんとかうまい方法を考えなくては。
今年は全国的に寒くないので我が家だけが暖房をつけないというわけではないわけで、この家の売りはというとなんなんだろうか。


投稿: 黒ラブリン | 2007年2月13日 (火曜日) 12時07分

黒ラブリンさん、コメントありがとうございます。

黒い家族はうっかり踏みそうになって困りませんか?
うちのは時々踏まれてます(笑)
って、サイズが違いますね。
ラブちゃんはかわいいし賢いんだろうな~。

気になりますよね、視線。
見るつもりで見たりはしないだろうけど。
大きい窓ならなおさらだろうなー。
新しいうちだけかもしれないけど、
壁に傷入れるのはためらいますよね!
窓の前が庭なら、すぐそばに大き目の植物植えちゃうとか。
落葉樹なら夏は木陰に、冬は葉が落ちるから
太陽も入っていいですよ!
あ、でも葉が落ちたら意味無いか。

暖冬とはいえ、暖房なしで過ごせるのは充分な売りですよ!
ウラヤマスィ~です!

投稿: ヨメ | 2007年2月13日 (火曜日) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水栽培のヒヤシンス。編(ヨメ) | トップページ | 冬のベランダ。編2(ヨメ) »