« 現実逃避。編(ヨメ) | トップページ | 九州旅行。編8(ヨメ) »

2007年1月30日 (火曜日)

お風呂の話。編(ダンナ版)

わしも言いたい
浴槽の配置は確かに気に入らん。
湯船が左手側にくるので、浴槽のお湯を洗面器ですくう時
利き手でないから手がプルプルするぞ。

それと、やっぱり欲しかった
「即湯システム」
蛇口をひねったらすぐお湯が出るっていうのはええわ。
冬場、お湯が出てくるまで辛いもの。

Sokuto
↑メーカーHPによると配管10mで通常50秒かかるのが、6秒で出てくるらしい。
オプション価格4~5万円で設置可能。
なんでコレ付けなかったんだろうと思ってました、、、、、が

<この記事を書いていて、もう一回調べてみたら驚きの事実!>
つまり、このシステムは給湯器から蛇口までのあいだにタンクを置いて
給湯器のお湯が届くまでの間のお湯を繋げるという考え方。
ちょっと待てよ?
お湯ためるタンクって、、、給湯器とは別のタンクだよな、、、

<もうちょっと調べてみた>
キタネェなあ、、、
そんなのカタログには書いてなかったぞ。(書いてたのか?小さく)
え~、説明します。
・「即湯システム」とは、給湯器のお湯が蛇口から出てくるまでのタイムラグを
 埋めるために、浴室内に設置したお湯タンクからお湯を供給するシステムの事。
・つまり、設置に5万円払っておしまいではなく、ランニングコストがかかるという事。
(廉価版のウォシュレットみたいなもんですね←お湯を溜めておく)

<踏み込んで調べてみた>
・カタログ上、4人家族で980リットルの節水効果見込める。
・お湯がすぐ出て気持ちいい!
ココまでは、きっちりカタログに載っています。
しかし、即湯システムのランニングコストがドコにも無いぞ!!

どうやら600~700円/月の即湯システム電気代がかかるらしいのだが
これは無視できる金額ではないと思う。節水効果だけ宣伝して
ランニングコストに触れないのは卑怯だと思う。

ショールームでこちらから聞かない限り公開するつもり無しと見た。
良かった、こんなシステムつけなくて、、、、

Aホームさんは知ってたのかなぁ。

|

« 現実逃避。編(ヨメ) | トップページ | 九州旅行。編8(ヨメ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現実逃避。編(ヨメ) | トップページ | 九州旅行。編8(ヨメ) »