« お正月。編(ヨメ) | トップページ | 九州旅行。編5(ヨメ) »

2007年1月 3日 (水曜日)

九州旅行。編4(ヨメ)

お正月3日目ともなると、すっかりクチがご馳走に慣れちゃって、
逆にカレーとか焼きそばみたいなジャンクな物が欲しくなります。
とはいえ、冷蔵庫の中にはまだまだ重箱に入りきらなかったお節の余りがたっぷりあるのですが…(^_^;)

昨日は実家の親に正月挨拶。
両家でお刺身だの、カニだの鯛のしゃぶしゃぶだのをいただき、しっかりご満悦。
私の実家は父がひとりで暮らしているので、
おせちを小さい重箱にちょこちょこと詰めて持っていきましたが…はたして食べてくれるのでしょうか。
昔料理人だったこともあり、クチに入る物にはかなりキビシイ男、ヨメの父。
リタイアして少し丸くなったとは言え、食べ物への厳しさはあいかわらず…。
なかなか誉めて貰えませ〜ん(^_^;)
しかも、煮昆布と黒豆は市販品だしね(T_T)←それで誉めてもらおうなんてズーズーしい!

気を取り直して。
九州旅行の続きです。
1日目の宿はここ。
Photo_155

Photo_156
湯布院の「牧○の家」です。
湯布院は、宿料が高いですね〜。
多分、一番料金が低いランクの宿を選んだのですが…。それでも、私たちにしてみればいい料金です。
夜景は本館。ここで温泉に入ったり、食事をとったりします。
泊まるところは、バンガロー風に普通の和風民家がぽつぽつと並んでいて、
それぞれの家族で使用する仕組みです。
Photo_157
ここは少し高めの料金設定のバンガロー。
茅葺きの屋根です。風情がありますね。
Photo_158
湯布院の宿はどこもキレイに庭を作り込んでいます。
女性に人気なのもうなづけます!
雰囲気はバッチリですが…お湯は、ちょっと期待はずれだったかも。
ダンナは度々九州に遊びに来ては、いろんな場所のお湯に入って回るのが楽しみのようなんですが、
(湯布院も例外ではありません、走ってて薄汚れた看板があると曲がらずにはいられないらしい、、)
今回初めてお泊まりしてみて「やっぱりきれいな湯布院は合わん…!」という結論に達したそうです(^_^;)
ダンナによると、住人の共同浴場にはナカナカきついお湯もあるそうですが、初心者にはお勧めできないらしい、、、どんな湯なんだろ???

あ、でもダンナも玉乃湯さんのアンパンセットはお気に入りらしいです。

|

« お正月。編(ヨメ) | トップページ | 九州旅行。編5(ヨメ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お正月。編(ヨメ) | トップページ | 九州旅行。編5(ヨメ) »