« エッジたってます!編(ヨメ) | トップページ | 再び見積もり。編1(ヨメ) »

2006年9月 5日 (火曜日)

雨水の養生。編(ダンナ)

かなり前までさかのぼります。
梅雨がまだ明けきらない頃。

今年は長梅雨で2階テラス床の防水工事に着手できず
なかなかテラス窓の工事に進めません。

結果、ブルーシートで窓部分の養生はしていたものの
あまりの大雨が続いたために雨水が室内に入り込んでしまい、
2階床部分の一部に水が溜まって浸透、1階天井部分の色が変わってきていました。
Photo_18

雨漏りとまでは行きませんが、ここまで濡れているという事は
芯部まで完全に濡れてしまったという事。
木材が濡れてしまった場合は自然乾燥が理想なのでしょうが、
梅雨空での作業です。簡単に乾くとも思えません。
(強制乾燥なら間違いなく反るよね、コンパネなら大丈夫なのか?)
たとえ、この後完全に乾燥したとしても反りや強度に不安が残ります。

画像はずいぶん後になっての撮影なのでわかりにくいですが、
カントクさんも気が付かないはずが無い場所なのでしばらく様子を見ます。
完全に乾燥しきらないうちに1階天井にフタをして施工進行、となりそうな場合には
床材の貼り直しを依頼しようとしていましたが、この部分だけは大工仕事の最後まで
開放して乾燥してくれていたため何とか乾いたと思います。

今後きしみ音がしないかのチェックも必要でしょう。


|

« エッジたってます!編(ヨメ) | トップページ | 再び見積もり。編1(ヨメ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106712/3329680

この記事へのトラックバック一覧です: 雨水の養生。編(ダンナ):

« エッジたってます!編(ヨメ) | トップページ | 再び見積もり。編1(ヨメ) »