« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土曜日)

大葉。編

今年大活躍してくれた大葉。
花が咲きました。
Photo_46
もうすぐすると、
この小さい花の中でタネがしゃらしゃらと音を立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金曜日)

外壁塗装。編(ダンナ)

9月12日(火)

夏の長雨、秋雨前線の影響で
我が家の壁屋さんはなかなか作業にかかれません。
Aホームさんで作業進行中の住宅は殆どそういった状況のようで
営業のUさんが現場回ってもドコの家も壁が出来ていないらしい。

そんな中
9月の上旬、また天気がぐずついていて
「こんな天気が続くようでは、まだまだ外壁は出来ないなあ」と
思いながら現場に行くと、、、
  
(?.?)あれ?? 何だか家が白い???
塗装が完了してました(爆)

下地処理の乾燥とかもあるし、晴天が続かないと作業にかかれないと
思い込んでいたので不意打ちを喰らったような感じ、、
見に行ったのは夜。雨はシトシト降っている。
朝からグズついてたので、今日の作業はないだろうと思っていたのですが
あらあ、塗装出来たのねぇ。

内装のクロスもそうですが、湿度が異常に高い状況なので
仕上がりに不安があります。影響がないといいのですが。

私がプラモの塗装する時は晴れの日しか作業しないけどなあ。
(そんなもんと一緒にするなって)

仕事場のクロスが貼られてます。
131


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木曜日)

登記断念。編(ヨメ)

同じくH銀行さんにて。
「登記をご自身でされると伺ったのですが…」とMさん。
そうそう、それそれ。
私も気になる部分があって、ここに来たら聞こうと思ってたんです!

というのも、登記には、表示登記、保存登記、抵当権設定登記とあって、
中でも表示登記、保存登記に関しては色んなホームページやネットなどで、方法が公開されてます。
でも、抵当権設定登記を自分でされた、というのはあまり聞きません。
直接お金を借りる部分に繋がってるとこだから、素人は手を出さない方がいいって事でしょう。
それほどチャレンジャーでもないですから、抵当権設定登記は早々に諦めたものの。
たいてい、どんな仕事でも、一つだけ仕事もらった場合と、三個仕事もらった場合、
値段の付け方は単純に@×3=3@とはなりませんよね。
三個セットの方が確実に割安になるはず。
って事は、登記も抵当権設定登記だけしてもらうと、割高になって、大して節約にならない…?
ど、どうなんでしょう。

で、聞いてみました。やっぱそうでした。ただ、安い所を紹介してはいただけるとのこと。
でもでも…「Aホームさんの登記は、相当ムツカシイですよ」と。
「これがハウスメーカーで建てた家なら、即賛成するのですが…」とも。
ともかく直しは何度もあるだろうし、ウチのようなタイプの家は、
このスペースが何目的でできているのか、とか。
あえて確信犯的に「居住スペースでない」タテマエの「居住も出来る」スペースがあったりと。
そこがプロなら上手く答えられるであろう部分、素人にこなせるのかって事ですよね。
「Aホームさんの家の登記に限って言えば、20万30万、支払う価値があるのではないかと思います」
は〜い。
ここまで脅されてチャレンジする程自信過剰ではありません。
撃沈〜〜〜でございます!

Kurome
何か用か。
Kurome2
用がないなら呼ぶなや。

…ガラの悪いクロでした。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水曜日)

ローン計画見直し。編2(ヨメ)

最初のプランでは、
ダンナの方のローンで金利をおさえ、3年経って見直しを入れ、
ヨメの方のローンでは全期間金利固定だから金利はちょっと高いけど、
極端に世の中の金利が高くなっても安心していられる…というプランだったのです。
でもそれも、全期間固定金利が他に比べ高いとは言え、低かったから。(変な日本語…)
う〜ん、微妙。
いっそ、全部双方向固定金利型に切り替えてもイイかもしれません、と、
Mさんから提案がありました。
この双方向固定金利型、3年、5年、10年とあり、
それぞれ0.95%、1.6%、2.4%と、かなり低い金利設定です。
一応、極端に金利が上がった場合などのシミュレーションもしてもらったのですが、
思った程のリスクはないようです。
だいたい、十数年後に金利5%時代に戻るとしても、いわゆるフラット35等の商品と変わらない。
そもそも、35年間もかけて返すつもりはないですから、
元金の減りが早いプランの方が向いているのは間違いない…。
でもやっぱ、不安なわけですよ。何があるか分からないし。
リスク回避もしときたい、と言うことで。

○ダンナ→双方向固定金利5年固定(もちろん、5年経って見直し)で金利1.6%
○ヨ メ→双方向固定金利10年固定(もちろん、10年経って見直し)で金利2.4%

ダンナのプランは最初3年だったのを5年に変えたのは、
家が建ってからも結構必要な物も出てくるだろうし、
まず最初の1〜2年は繰り上げ返済どころじゃ無いんじゃない?という事。
5年ならどうにか落ち着くだろうと。
そしてヨメの10年プラン、10年も経てば、少しは先が見えているだろうと(希望!)
10年後、金利が大きく上がっていても、元金が減っていればそれほど恐くないだろう、との判断。

全期間固定金利を使わない、って事で、契約を急ぐ必要も無くなったわけで。
まだ決定ではないですが、おおむねコレで行きそうです…。

それにしても…お金の話は、ツマンナイなぁ!

ふさわしい画像が無いので、道すがら撮った花を…。
Photo_45


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火曜日)

ローン計画見直し。編1(ヨメ)

9月10日(日)

日銀のゼロ金利も解除され、なんだか一斉に金利が上がっている様子。
経済のことは全く明るくない私でも、ちょっと、まずいなぁ、位は感じます。
(あくまで借金抱える身として!です)
そんな時に、H銀行のMさんから「プランの見直ししませんか?」との連絡をいただきました。

まず。うちはダンナがサラリーマン、私が個人事業主、という事で、
諸事情もあり一人づつローンを組む事になります。

これが今年の1月、コレでいきましょう、と煮詰めていたプラン。

○ダンナ→双方向固定金利3年固定(もちろん、3年経って見直し)で金利0.95%
○ヨ メ→全期間固定金利ステップ35年、当初10年2.5%、11年目以降3.1%

で、このプランのまま行くと、現在の金利では…

○ダンナ→双方向固定金利3年固定(もちろん、3年経って見直し)で金利0.95%
○ヨ メ→全期間固定金利ステップ35年、当初10年2.9%、11年目以降3.5%

ダンナの方は変わりませんが、ヨメの方の全期間固定金利が0.4%づつアップしてます。
少ない数字ではありますが、ウチの場合年間では45,000円くらいの差が出ます。
そして。この全期間固定金利、いいかげん契約の締め切りが迫っているのです。
早くから、枠は取って貰ってるので契約さえすればいいのですが、家まだできてないし…。
契約自体は型の決まったハウスメーカーさんだったら問題ないらしいのですが、
Aホームさんのようなオリジナル住宅ではそうもいかないみたいです。
でも、この全期間固定金利でいくのなら、何としても急がなければなりません。

ふさわしい画像が無いので、愛想無しのクロを。
Photo_44
お気に入りの箱ハウスから。
流行の丸マドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月曜日)

ハチミツその後。編(ダンナ)

実家のハチミツの件。
ブログにアップした後、過去こういった経験をされた方から
天井の張替えをしなければならなくなった情報をいただき、不安になる私。
実家は大丈夫か?

んで先週、義母の一周忌だったので法要終了後、天井に潜って確認してまいりました!!
初めて見た実家の天井裏ですが、構造についての知識が付いた現在では見方がちょっと違います。
自分の家で最新の構造をさんざん見ているので結構アバウトな造りに不安を持ってしまいました。
(見ないほうが良かったか?)

情報いただいた方によると、そのお宅は
天井裏にハチミツが溜まっていたので、漏れが止まらず
結局天井の張り替えまでしたそうなのですが、
実家の場合は恐れていた程ではなく、天井裏を雑巾でふき取れば
何とかなる状況でした(ヤレヤレ、、)
9月とは言え天井裏はまだまだ暑い!、
完全防備で望んだので埃と狭さに苦しみながらも作業は
順調にこなします。
Photo_43
しかし、ハプニングは天井裏で私が作業していた時に起こりました!
巣を作っていたのはミツバチのはずなのに
私の照らす懐中電灯の光の中に体長5センチのスズメバチが現れた!
この時期のスズメバチは繁殖期のため凶暴で栃木では死者も出たニュースを見たばかり!
こういう時って声が出ないといいますが、まさしくその通り。
とっさに、スズメバチに向かい懐中電灯をフルスウィング!
壁に当たって落ちたスズメバチを雑巾で包み、速攻たたきつぶしました。
殆ど反射神経だけでの行動でしたが「ウォー!蜂じゃぁ!」と声上げたのは
つぶした後の事。
下の部屋で待機していたヨメは
「ハチミツ処理してるんやから、蜂は居るでしょ」と思ったと思う。
ただの蜂じゃないんだって、スズメバチなんだって!
あの一匹だけなら良いんですが、、、他に居ないだろうな、、
Bee
ちょっとパニックになり、足場以外に手をついてしまったため
天井板を一部踏み抜いてしまいました、
と-ちゃんごめん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日曜日)

朝顔その後。編

我が家の出遅れた朝顔。
9月も末にして、今まさに真っ盛りです。
Photo_42
朝顔というと夏の花のイメージですが、
本来は秋の花、、日が短くなってきて咲く植物みたいです。
でも今まで植えた朝顔は、そんな事なかったのになぁ。
今年は少しはりこんで、(と言っても一株80円)
大輪の朝顔を選んで植えたからでしょか。
確かに絞りも涼しげな美しい大輪です。

引越までに花は終わってる予定だったのですが、、、
(ある程度つるを剪定して引っ越すつもりでした)
人の都合に合わせて咲いてはくれませんものね。
細長いコンテナに3株並べて植え込んであるのですが、
こうなるのなら、あんどん仕立てにすればよかったと思っても後の祭り。

引越まで約5週間。
つぼみはまだまだついてます。嬉しいやら辛いやら(笑)。
ラティスにグチャグチャにからまった朝顔くん、どーやって運ぼうか。
ラティスごと移動するしかないよねー、やっぱ。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土曜日)

先住民?編。

差し入れを入れるためのクーラーボックスを回収に、
現場に立ち寄った夜のこと。
ライトに照らされたその先に…ギャー!!!
Photo_41


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金曜日)

キッチン入りました!編(ヨメ)

昨日の続きです!

2Fに上がると、キッチンが搬入されてました!
傷が付かないよう隙無く養生されてたので、写真撮影は断念。

AホームのUさんの話では、10日までにクロスは張り終わる、という事だったのですが、
10日現在この状態。
あれ?もしかして10日から貼り始める、を聞き違えたのかな。
1_3
2_3

日曜も休まず、職人さんは頑張ってくれてます。

10月の初旬にはほぼ完成して、そこから
施主検査→直し、追加工事→クリーニング→見学会→クリーニング後引き渡し、
となる予定です。引き渡しは10月の末。
これからヒト月そこそこで、ほぼ完成?

ベランダに出ると、パーゴラが出来上がってました。
1_4
2_4
うーん、ステキ!また妄想が広がります…。
バラの大苗、予約しちゃいました。ハハハ…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木曜日)

ウォシュレット。編(ヨメ)

9月10日(日)

日曜ですが、現場に行って来ました。
誰もいないだろうと思っていたら、内装屋さんが頑張ってます!
お疲れさまです〜〜。

実はこの日、ウォシュレットを持ってきたのです。
今のマンションで使っている物を、1Fのトイレに設置しようと思いまして。
設置は自分達でしようと(というか、ダンナにしてもらおうと)思っていたのですが、
ついでに付けてくれるって言うから、お言葉に甘えて。
なんか、使用してたウォシュレットを付けてもらうのって、とても悪い気がします…。

久しぶりに、フツーの便座に戻ったマンションのトイレ。
なんだかちょっと寂しいです。
二つあるはずの留め具が一個行方不明だし(T_T)
INAX行って買って来なきゃ…。

写真はAホームさんに行く途中にある鳩舎。
Photo_39

そしてそこの番犬。
なんだか怯えてますね〜。
Photo_40


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水曜日)

引越見積もり。編(ヨメ)

9月9日(土)

実は、今まで引越に業者さん使ったことなかったのです。
前回までの引越は、今より12歳程若かったから体力もあったし、
友人達も若かったから(笑)手伝ってもらって、気持ちお礼を渡しておしまい。
でも今回はそう言う訳にいきません…。
荷物も増えたし、体力も無いし。

引越業者選定に際し、Uさんから
『どこでもイイですけど、「サ○イ」だけはやめて下さいね』と言われてました。
Aホームさんの創るお宅はどこも、ギミックに満ちている、というか。
広い空間と狭い空間をキレイに使い分けて、より広く感じさせる…というお宅が多いように感じます。
それってつまりは荷物が入れづらい作りの家、って事で…。
入れる荷物を計算して設計してもらってますから、数字上、入るはずの物でも、
上手くない業者さんだと匙を投げる事もままあるようです。

そこで、UさんおすすめのN運送さん。
こちらに見積もりもらって、あまりに高いようなら、
他社でも合い見積もりをとろう、と思っていたのですが…。

さてこの日は、Uさんに紹介してもらったN運送さんが見積もりにやって来ました。
N運送さん、エネルギッシュな感じの面白いおじさんです。

Nさんが気にされてたのは家具。
我が家は、一見アンテーィクっぽい家具が多いのですが、
そう見える物のほとんどは新しい物だし、
古い物でも、アンティークというよりは古道具ですから気遣いはありません。
あと「本、多いですね〜」と。ハイ、多いです。
専門書からコミックまで。沢山あります。
私、結構なんでも捨てられる性格なのですが、本だけは捨てられない…。
せいぜい、古本屋さんに売るくらい。
この機会に、ちょっと減らそうかな…。

そんなこんなで話してるウチにもう見積もり出ちゃいました。
その金額¥99,750!
廃棄物処理費用は実費です。
思ったより安かったです。
これなら、もう決めちゃおうか…?

Photo_37
これは瀬戸物の猫の置物。
Photo_38
そして、これはうたたね中のクロ。
そっくり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火曜日)

掘り炬燵登場。編(ヨメ)

9月5日(火)

1Fのフロアはまだ塗装していないようです。
何故か、水まわりに使ったリノリウムが半端に敷かれてます??
日が短くなったからでしょうか、
日没後の作業のためなのか?電灯が付けられてました。
毎日遅くまでお疲れさまです!
Photo_35

1F・2Fともトイレはリノリウムもクロスも貼られてます。
トイレはこれでほぼ完成?
あとは便器が入ればオッケ!
2f
1f
1Fトイレの窓前に広いスペースがあります。
実はかなりの気に入りポイント。
どんなグリーンを飾ろうかな。
断固、ダンナの「こち亀」は阻止しなければ!

おお!
掘り炬燵のテーブルが出来てる〜!
これも、床と同じ色に塗装してもらいます。
使わない時は、テーブルの天板を掘り炬燵のフタにして、
段差のないフロアとして使う予定。
Photo_36


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月曜日)

猫ドア。編(ヨメ)

現在、クロのトイレは人のトイレに置いてます。
臭い物は臭いところへ、という理由で(笑)。

新居でもこの理由で2Fのトイレにクロのトイレを設置する訳ですが、
トイレに猫用トイレを設置するデメリットがふたつ。

一つ目は、狭い空間が更に狭くなると言うこと。
二つ目は、猫はさすがにドアノブは開けられないので(器用に開ける子もいるようですが)、
常に10センチくらい開けてなければいけないと言うこと。

一つ目の狭くなる、に関してはあらかじめ少し大きめにトイレを設定してもらったのでクリア。
二つ目に関しては、施主支給で猫ドアを用意すると言うことでクリア。
早く慣れてくれればいいのですが…。

Photo_33
これが猫ドア。
職人さんに付けてもらいます。
これは内ドア対応品ですが、外ドア対応の、
他の猫は入ってこないようにできるタイプのドアもあります。
その場合、飼い猫の首輪に発信器みたいな物を付け、
ドアが受信してロックが解除されるようになるみたいです。
クロは完全室内飼いなので必要有りませんが…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日曜日)

ひーるの目!よーるの目!。編

Eye


ネコの目って印象にずいぶん差が有ります。
昔は時計代わりに使われる事も有ったそうですが、
左は正午の目。夜の目が可愛くて好きですが、
金色の目のクロもカッコええです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土曜日)

ミツバチ。編

これはヨメの実家の話。

2年程前から、家の中にやたらとミツバチが飛ぶようになったんです。
特に、神棚を奉ってある西側の暖かい部屋に。
厳冬期以外はずっと飛んでる物ですから、
その間ずっと「ベープ」を付けてしのいでたのですか…。

「蜜がたれてきた!」と連絡を受けて見に行くとなるほど、たれてます…。
1_2

2_2
土壁部分にしみこんでます。
しかも、どんどん広がっているよう。
試しになめてみると、確かにハチミツ。。。。

市の生活課に連絡して紹介してもらった業者に来て貰い、
「バルサン」焚いてあっさり駆除。
屋根の隙間から入ってきて巣を作ったらしいです。

その後、宿主を失った蜂の巣がまだ残っているのか、
蜜はどんどんたれてきてます。。。さてどうしたものか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金曜日)

近隣クレーム(3ヶ月目)。編(ダンナ)

7月中旬の工事立ち上がり時は
クレームラッシュでどうなる事かと怯えていましたが
着工一ヶ月以降のクレームは幸い殆どなくすごせました。
(施主に聞こえてこないだけかもしれんが、、、)

毎度!南側のNRさん。
状況は以前ヨメが書いていた通り
「ウチの敷地内に巣を作っているアリがNRさん宅に入ってくる」
というもの。
ん〜。これは想定外だった。
アリって、、、、これはウチの責任なのか?
仁鶴さんに聞いてみたい。

もう一件、NRさん。

境界線上にあるNRさんのブロック塀が汚れてきた。
・足場にかけている防護シート(?)で風が通らなくなり、
 そのせいで埃が溜まって壁が汚れたのではないか?

というものです、その場では今後外部塗装も控えており
今カバーを外して壁を洗浄するのも意味が無い旨をご説明して
ご理解いただいたので、今すぐ対処しろという内容ではありませんでしたが
竣工時足場撤去の際、検討すると回答。

「自分ところの塀は、これまでも漂白剤で洗って白くしていた」
そうで、なかなかのキレイ好きのNRさんの剣幕にタジタジ。

ココはとりあえず分かりました。と引き下がるものの
今後もNRさんちの塀を洗浄し続けなきゃならんのだろうか?
ダンナ邸側にもフェンスは立てる予定だから見えにくくはなるものの
汚れてはくるだろうし、、
勝手に洗ってたらまた何か言われそうだし、

どーしたモンだろう。。。

凹んだ気持ちはクロに癒してもらいましょう!
しかし彼女は受難中…。
Tsumekiri


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木曜日)

気密測定。編(ダンナ)

これもまた7月頃のお話で古い話になりますが、
断熱材の施工終了時、気密の測定を行いました。
結果は「0.4」。

我が家は窓が多く、不利な条件である割には
ソコソコ良い数値らしいのですが
ピンとこない数値です。

数値自体の基準が分からないのと
現在は壁と断熱材しか施工されてない事。
これから電気工事、排気工事が有って
壁に穴開けたり、断熱材削ったりの作業があるから
この数字のまま引渡しって事はないと思う。
これらが終わってからの測定結果がこれなら良いのですが、、

でも、スペックマニアとしては何となく良いらしい数値というのは
嬉しいものです。

さて、完成後の数字はどーなってるんだろ??

Photo_32
何考えてるんだろうね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水曜日)

シンボルツリーの事。編(ヨメ)

前から気になっていた素敵なガーデニングやさんがあります。
なんと、そこもAホームさんが建築されたそうで、
漆喰が素敵な、しかも私好みの箱系の建物で、
何かしてもらうのなら、ぜひココで!と思っていたのでした。
でも何かしてもらうも何も、予算ないですから、
せいぜいシンボルツリーを植えてもらう位なのですが…。
それすら、初めての私たちはどのくらい金額がかかるのか、見当もつきません。
今まで植木屋さんにお世話になったこと、皆無ですから。
節約するのなら、ホームセンターやネットで安く樹を購入して自分たちで植えればいいのですが…。
シンボルツリー、気合い入れて植えて、枯れたら超凹むと思いません?
いくら慎重に調べて植えたとしても、素人ですから。
そこはプロにお任せした方が安心なのではないか、と。

先日、近くまで行ったので、ついでに少しお話しを伺ってきました。
だいたい、2〜2.5m位の樹で2〜4万円、
プラス職人さんの植え込み費用で1万円強。
この費用、大人一人で抱えて移動できるような樹、場所、ならという事です。
う〜ん、全部で4万円位はかかりそうだなぁ。

第一候補はシャラの木、とお話ししたら、案の定「ムツカシイ樹ですよ」と。
そう。
色々調べるウチに、ここ四国では結構キビシイ樹であることが解っていたのですが。
あの幹と花の綺麗さは代え難い物があって…。
通常露地植の樹は植え付け直後と真夏の雨が少ない時期以外、
そう水やりは必要ないのですが、この樹は水が大好きで、かなりの水分を要求するそうです。
必然的に、一日中日の当たる場所なんかに植えてると、かなり消耗するのだそうで、
普通の樹のつもりで植えちゃって、枯らしてしまう、という事例が少なくないようです。

「樹の特性を解った上で育てられるんなら、大丈夫だと思います」
との有り難いお言葉もいただきましたが、自信はちっともありません。
が、せっかくの記念の樹なので、気に入った樹を植えてみようと思ってます。

写真は春に買ったユーカリ。
Photo_30
「いくらでもでかくなる」の言葉通り、春から80センチは大きくなってます。
触れるとい〜香りがします♪
そして、雑貨屋でもらったペンタス。
Photo_31
ろくに世話してないのに、どんどん成長し、春からずっと休み無く花を咲かせてます。
逆に、有り難みが無い花かも!(ヒドイ?)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火曜日)

玄関ドア登場。編(ヨメ)

昨日の続きアップします。

玄関に、無造作に置かれていた梱包された大きな荷物。
よく見ると…おお!玄関ドアです!!
うちの玄関ドアは「シンプソン」というアメリカのメーカーの物です。
輸入物と聞くと、それだけで高そうですが、いえいえ、そんなことはありませ〜ん。
でも、輸入のための手数料や送料で結果ちょっとイイ値段にはなるのですが…(T_T)
それでも、国内メーカーで高気密仕様、しかも気に入ったデザインの物は
手が出ないってくらいに高い!から、相対的に見ればやっぱり安いに違いないです。
国内メーカー、なんでこんなに高いんだ…?

ひん剥きたい気持ちを抑えつつ、とりあえず記念撮影。
Photo_34

西面のガルバが貼られてました♪
Photo_29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月曜日)

塗装開始?編(ヨメ)

9月2日(土)

いつものように、差し入れもって現場へ行ってきました。
いつものように、家の中を覗いてみる…と。
おお!階段の色が塗られている!
「立ち入り禁止」テープが貼られているし。
うっかり足形付けたら大変だもんね(笑)
Photo_25

階段を下から。
Photo_26

お昼休みだったので、職人さんはお休み中(-.-)zzz
Photo_27


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日曜日)

ネコビーム。編

補正無し!
ネコ嫌いの人はこの目が怖いらしい。
確かに闇夜で光ったらコワいかも、、
特にクロネコは気味悪いといわれるかもねえ、、
「ワハハ。。」と笑えるのはネコマニアだけか?

なんか、こーゆーネコよけの看板有ったような気がする。
(目がビー玉のヤツね)
Beam


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土曜日)

主任、出番です。編

はぁ、、失敗してもうた、、お得意さんエライ怒ってはるし。
凹むなぁ、、、
しばらく立ち直れそうにないぞ、これ。

そや、こんな時には、主任に頼もう
Shunin_1

ガラガラガラ
癒し担当、クロ主任、出番です。お願いします。
「ん〜〜〜〜」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金曜日)

再び見積もり。編3(ヨメ)

まったく、予算はやっぱりギリギリです。

これから必要な費用として、
細かい物はIH用の鍋釜や、
洗面にしつらえた収納棚にちょうど収まるくらいの収納ケース、
キッチンの配膳台下に収納する分別ゴミ箱などなど。
大きい物は引越費用や今住んでるマンションの美装代、
仕事場のデスク、シンボルツリーなど。
ホンット大丈夫なんだろうか…。

少しでも金額を減らそうと、登記を自分たちで行う、というのも現在検討中です。
これにより、15万円程節約できます。
それでも追いつかない場合は、金利が少し上がるのだけど、
ローン保証料を外してもらうしかないか…。
ですが、これは最後の手段にしておきたいところです。

金利が少し上がる、といえば。
融資してもらうH銀行で、
金利に0.1%プラスするだけでガン保険を適用されるというものがあります。
「ガン保障特約付き団体信用生命保険」という商品です。
ガンと診断されたら、その日から残りのローンがチャラになるという…。
元金にもよるけれど、0.1%なら、掛け捨て感覚で付けておいてもいいのかもしれませんね。
う〜ん、これまた検討中…。

Photo_22
わりとよく見る花なんですが、なんて名前か知らない花。

Photo_23
きゅうり?へちま?これまた分かりません。
洗濯ばさみで留めてあるのがラブリー。

Photo_24
これは分かります!いちじくです。

短い、暑い夏が終わっちゃいましたね〜。
もう、月が美しい季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木曜日)

再び見積もり。編2(ヨメ)

契約時より追加になった物として、

●テラスドアの鍵・・・・¥25,000
これは、内側からのシリンダー錠は付いてたのですが、
外側から掛けられる鍵がついてなかったのです。
付いてると思ってたんですが、設置後に付いてないと判明。
思いこみって、多いです、すっごく…。

●外壁の吹きつけリシンの変更・・・・約¥60,000
粗め→細めに変更
1㎡当たり¥1,200→¥1,460にアップ。260円高くなります。 
単価でみると少額ですが、全体で見ると¥60,000アップ!!

●パーゴラ工事の追加・・・・約¥70,000
これは、まぁ、私のわがままで…(^_^;)

●アプローチ工事の追加・・・・約¥70,000
これも、まぁ、私の…以下同文

●2階トイレのランクアップ・・・・約¥20,000
私たちのおしりのために(笑)

●照明・・・・¥10,000
なんとか、1万円アップですみました。

●カーテン・・・・?
ちょうど寝室に吊すデザインカーテンの分くらい、オーバーしそうです。

う〜ん、ざっと見て30万以上…(かなり、どんぶりです)

こう書きだしてみると、テラスドアの鍵以外、
特に追加しなくても、生活する上で困る部分はないのですが…
まったく家づくりというのは、「こだわり」から生まれるんですね〜。

夏の名残3連発
Photo_19
夾竹桃
Photo_20
さといも畑
Photo_21
曜日朝顔

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水曜日)

再び見積もり。編1(ヨメ)

8月23日(水)

考えてみれば、契約してからも色々変更しましたよ。
パーゴラの追加、トイレのランクアップ、アプローチの飾りの追加…。
照明にしてもカーテンにしても、見れば見る程いい物が欲しくなるし。
もちろん追加ばかりでなく、削った物もあるにはあるのですが、
追加した物と比べると、微細この上ない…。
そう、この日はドッキドキの見積もりの日です。

本編に入る前に…
最近夢中のクレマを。
1_1
ニューヘンダーソニーです。
野草の趣があって、とても味わい深いです。
後ろに写ってますが、シベが展開した花後の果球もかわいいです。
この後、耳かきの綿毛のようになります。
2_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火曜日)

雨水の養生。編(ダンナ)

かなり前までさかのぼります。
梅雨がまだ明けきらない頃。

今年は長梅雨で2階テラス床の防水工事に着手できず
なかなかテラス窓の工事に進めません。

結果、ブルーシートで窓部分の養生はしていたものの
あまりの大雨が続いたために雨水が室内に入り込んでしまい、
2階床部分の一部に水が溜まって浸透、1階天井部分の色が変わってきていました。
Photo_18

雨漏りとまでは行きませんが、ここまで濡れているという事は
芯部まで完全に濡れてしまったという事。
木材が濡れてしまった場合は自然乾燥が理想なのでしょうが、
梅雨空での作業です。簡単に乾くとも思えません。
(強制乾燥なら間違いなく反るよね、コンパネなら大丈夫なのか?)
たとえ、この後完全に乾燥したとしても反りや強度に不安が残ります。

画像はずいぶん後になっての撮影なのでわかりにくいですが、
カントクさんも気が付かないはずが無い場所なのでしばらく様子を見ます。
完全に乾燥しきらないうちに1階天井にフタをして施工進行、となりそうな場合には
床材の貼り直しを依頼しようとしていましたが、この部分だけは大工仕事の最後まで
開放して乾燥してくれていたため何とか乾いたと思います。

今後きしみ音がしないかのチェックも必要でしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月曜日)

エッジたってます!編(ヨメ)

これ、なんの道具だろ?
「かどっこテープ」??
Photo_16

あ!これか!!
クロスの下地の材料なのですね。
Photo_17

後で知ったのですが、
全ての角を建築用語で出隅(デズミ)と言うそうです。
これを貼ることによって、角がキレイに出、そして欠けづらくなるそうです。
それにしても、ベタなネーミングだなぁ。分かりやすくていいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日曜日)

風呂上がり。編

After_ofuro

ふ〜、えらい目におうた。
風呂や入らんでも私キレイやのに、
ホンマ人間っちゃいらん事しかせんのやけん。

・・・こんな事考えてるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土曜日)

跳ぶ男。編

最近ダンナはドコに行っても跳んでます。
落ち着きが欲しいところです。
Photo_14

Photo_15


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金曜日)

どんどんできてます!編(ヨメ)

まず、ポスト。これは早くからついてたのですが、
カバーが掛けられてて、この時期まで見ることが出来なかったのです。

Photo_8
内側。

Photo_9
外側。

Photo_10
押し入れ。

Photo_11
アトリエ照明部分。
2階の堀ごたつのでっぱりを、1階仕事場の照明デザインに生かしました。
さすがF先生です。
でも身長2メートル超の人は注意が必要。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »