« 浅知恵。編 | トップページ | 土地仮契約。編(ダンナ) »

2006年6月11日 (日曜日)

T開発。編(ダンナ)

さて、運命の土地に巡り会ったわけですが、土地なんぞ買った事ないもので
どういう順序で事が流れていくのやら見当もつきません。

ところで不動産屋さんってどんなイメージです?
あまり良いイメージはないですよね、、、
入りにくいことこの上なく、入ったら最後
竹内力みたいな営業とか、越後屋みたいな社長が出てきそうで、、
(相変わらず偏ったイメージです。学生時代の賃貸アパート探しでのトラウマでしょうか?)

さて、なにせ、土地は一個(?)しかありませんから
早急に押さえたい所、でも
買い急いでる気配を見せない方がいいのか?とか
  (でも急がないと他のヒトに取られちゃうぞ)
慌てて買ったら曰わく付きの土地だったとか
  (古井戸が真ん中に有って貞子が出できたり)
越後屋が、いやT開発がとんでもない悪党で架空の取引だったとか
不安は付きません、、、、(心配性です)

ひとりで頭抱えても仕方ないので
近隣相場より格安なこの土地、Aホームさんにも見てもらいました
「いい土地見つけましたねぇ、T開発さんなら大丈夫ですよ」と推薦もいただき
融資の目処も立ったところで土地の商談を進行します。

T開発の営業担当がTKさん
まだお若くて、一生懸命さがこちらにも伝わります。
不動産屋に対して身構える必要は無かったみたい。
ヒトのいい兄ちゃんと言った印象のTKさんは
まだ痛い目にあった事もないのか
不動産業界の荒波に揉まれていないのか
非常に楽観的にコトが進みます。クチ癖は「大丈夫ですよ」

購入予定の土地は分割して買う事になるのですけれど
土地測量図面を私に見せながら
「境界は未定です、大体この辺までが、ダンナさんの土地になりますので
仮契約いただいたら工事の準備に入っていいですよ」

「ええのか?そんな決め方で、、、境界も決まってないのに図面が引ける訳ないやろう」

不安は持ちつつも、不動産屋は土地さえ買ってしまえば
もうつき合いは無くなるんだからガマンガマン、、、

結局不動産屋さんと現地には一回も同行する事なく、購入を決定し、
仮契約の日取りまで決めてしまいました。

これは私が地元で、場所柄も雰囲気も交通量も把握しているからで
普通の買い方では無いと思います。

参考になさらぬよう。

|

« 浅知恵。編 | トップページ | 土地仮契約。編(ダンナ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106712/2163860

この記事へのトラックバック一覧です: T開発。編(ダンナ):

« 浅知恵。編 | トップページ | 土地仮契約。編(ダンナ) »