« 頭隠して…。編2 | トップページ | 家づくりの楽しみ。編(ヨメ) »

2006年6月 7日 (水曜日)

融資のお話。編(ヨメ)

Aホームさんから、
ダンナの源泉徴収票と、私の市県民税証明書を持って来てください、
という事だったので、とってきました。こんなのあるんですね〜知らなかった!
あとは確定申告のコピーを3年分。

結果から言えば、たぶん、大丈夫でしょう、と。
状況から言えば、結構厳しいのだそうですが、
マンションのローンを繰り上げ返済で早めに返して行ってた事が評価されたようです。
決定ではないのでまだ安心はできませんが…でも一安心!
ただ、融資を受ける条件として、今年中にマンションのローンを完済すること、
そしてマンションを抵当に入れる事、てのがありまして…。
ダブルローンになるから、マンションの完済はしょうがないにしても、
その完済したマンションを抵当に入れるのは正直、抵抗があります。
ダンナもこれには嫌な感じがしたようで、
マンションを抵当に入れなければ資金貸してくれないのなら、
他の金融機関でかりてもいいや、という話に。
でもこれには多少誤解があったようで、
よく聞くとマンションを抵当に入れなくても貸してくれるけれど、
抵当に入れればその金利が0.2%低くなりますよ、という事でした。
たとえ0.2%の差でも、35年ですからね…。
もちろん、ガンガン繰り上げ返済はしていく予定ですが。
「その金利の差で、プラズマテレビでもご購入されてはいかがですか?」
というのは銀行屋さんの営業トークです。
「抵当」っていう言葉がなんか響き悪いんですよね。
なんだかんだいいながら、でも結局抵当に入れる事になりそうです。

|

« 頭隠して…。編2 | トップページ | 家づくりの楽しみ。編(ヨメ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106712/2109430

この記事へのトラックバック一覧です: 融資のお話。編(ヨメ):

« 頭隠して…。編2 | トップページ | 家づくりの楽しみ。編(ヨメ) »