« 白鳥動物園にて。編4 | トップページ | 諦めきれないもの。編2(ヨメ) »

2006年6月22日 (木曜日)

諦めきれないもの。ダンナ野望編(ダンナ)

F先生から、プランをいただきました。
うむぅ、、カッコイイ、クールだわ。
いかにも「私たちの家」と言わんばかりの変態ぶり
異彩を放つ事まちがいなし!

でもなあ、何か欲しいんだよなあ。
インナーカーポートが無いなあ、、
それに、もうちょっと広くならないかなあ。

せっかくご提案いただいたのですが、私たちの土地は変形です。
その中に真四角の箱だけでは周囲にスペースがかなり余るのです。
実際四角の家をオーダーしたのは私たちですし、問題ないのですけれど
ん〜〜〜、何でしょう、「万歳!コレで行きましょう!」じゃないのです。

言葉は悪いのですが、
せっかく建築士の方にお願いするオリジナルハウスなのですから、
地形に合わせた何かオマケが欲しかった。
F先生のそれが中庭ライトコートなのでしょうし、その発案自体大歓迎!!
すばらしいサプライズ!
でも、中庭が真ん中にドン!と存在することで各部屋が狭く感じられるような気もするのです。

角地なので法的にも床面積には結構余裕があるし
正直言うと、もうちょっと広くして!って事。
ベランダの面積ももう少し欲しい。
北向きだけどせっかくの角地、外に向けての開放感がもう少し有ってもいいんでない?
というのが本音だったのです。
それにやっぱりインナーカーポートがほしい、、、、

もちろん床面積が増えればその分金額は上がります。
でも、とりあえずそれは置いといて(置くなよ、、一番大事だろう)

年末年始、夫婦間で白熱した討論が重ねられ
図面を切り裂き、テトリス状態で組み直した素人案(建築強度も構造も全く無視!恐ろしい)
を恐れ多くも次回F先生にぶつける事になります。

反応やいかに???

|

« 白鳥動物園にて。編4 | トップページ | 諦めきれないもの。編2(ヨメ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白鳥動物園にて。編4 | トップページ | 諦めきれないもの。編2(ヨメ) »